Health Check & Troubleshootingは設定エラーと問題を検出するプラグイン

Health Check & Troubleshooting は WordPress に対してさまざまなチェックを実行して、一般的な設定エラーと既知の問題を検出する機能と、プラグインとテーマに個別のチェック機能を追加するプラグインです。チェックした結果の内容はテーマ、プラグインのサポート担当者、または公式の WordPress.org サポートフォーラムで、WordPress およびサーバー設定に関する情報を簡単に共有できます。

Health Check & Troubleshooting の概要

チェックした結果の内容はテーマ、プラグインのサポート担当者、または公式の WordPress.org サポートフォーラムで、WordPress およびサーバー設定に関する情報を簡単に共有できます。

トラブルシューティングを行うと、すべてのプラグインが無効になり、デフォルトのテーマが使用されるクリーンな WordPress を使えますが、それはあなたが無効にするかログアウトするまでユーザーのみが使用できます。

WordPress.org Health Check & Troubleshooting
バージョン1.4.5
最終更新日5ケ月前
有効インストール300000
WordPressバージョン4.0以上
検証バージョン5.8.2
PHPバージョン5.2以上
Health Check & Troubleshooting の概要

Health Check & Troubleshooting の使い方

インストール後、プラグインの管理画面から、Health Check をクリックします。サーバーの環境やWordPressの状況によってサイトの状況を返してくれます。例えば以下のようなものです。

  • PHPのバージョン
  • 停止中のプラグイン
  • 停止中のテーマ
  • https が設定されているか

改善点を参考に作業を進めましょう。

Health Check & Troubleshooting のインストール

Health Check & Troubleshooting をインストールするには、ダッシュボード → プラグイン → 新規追加と進みます。

「Page Builder」のインストール

検索 → Health Check & Troubleshooting で検索 → インストール → 有効化すれば利用できるようになります。

Health Check & Troubleshooting のエラーの対処

プラグインはインストール時や更新時にエラーを起こしてしまうことがあります。エラーによってはサイトが表示できなくなるだけではなく、WordPressにログインできなくなったりWEBサイトを利用できなくなったりすることもあります。

プラグインのエラーが発生した時の回復方法

プラグインの更新中は自動的にメンテナンスモードになりサイトにアクセスできなくなります。更新が終了すれば自動的にメンテナンスモードが解除されアクセスできるようになっています。更新中に何らかの原因で失敗してしまうとメンテナンスモードが解除されずアクセスできないといった状態になるわけです。対処としては次の2つが代表的なものになっています。

プラグインとは

プラグインは、WordPressの機能を拡張するためのツールです。WordPress のコアは、柔軟性を保つため、不必要なコードでふくれあがってしまわないように設計されています。ユーザーそれぞれが特定のニーズに合ったものを利用して、カスタム機能を取り入れられるように作られています。

WordPress Codex日本語版(公式オンラインマニュアル)

プラグインの多用は表示速度やメンテナンス性などに影響を与えるので必要なものに留める方が良いようです。また、インストールするサーバ環境や干渉、テーマとのマッチングの問題も発生します。

プラグインのメリットとデメリット

導入メリットは以下のものでしょうか。

  • 必要な機能を簡単に導入することができる
  • 管理画面だけで柔軟に対応できる
  • 難易度の高いコーディングをしなくてすむ
  • WordPressのアップデートに伴い、アップデートがかかり、対応してくれる

導入には次のようなデメリットもあります。

  • 数が多くなると、サイトが重くなる
  • 数が多くなると、管理しきれなくなる
  • 他のプラグインと競合したり、バグがあったりするものもある
  • サポートが途中で終わるものもある