WordPressプラグイン

Duplicatorはサイトを丸ごとコピーできる

投稿日:2017年12月18日 更新日:

Duplicatorは、WordPressのサイトを丸ごとコピーできるプラグインです。サイトを移行する場合などに、移行先のデータベースだけを用意すれば、新しいサーバは空でOK、移行元サイトのファイルやデータをひとまとめにして丸ごと新しい環境にコピーしてくれます。プラグインを使用しないで手作業で移行を行うとすると、WEBサーバやSQLに関するスキルを必要とし大変なのですが、このプラグインで作業負担を軽減することができます。

Duplicatorはサイトを丸ごとコピーできる

Duplicatorの概要

Duplicatorでできること

  • WordPressサイトの移行
  • 開発用にlocalhostにプルダウンする
  • インポート / エクスポート SQLスクリプトに苦労しないでWordPressの移行ができる


「Duplicator」は、サイトのすべてのプラグイン、テーマ、コンテンツ、データベース、WordPressファイルをパッケージと呼ばれる簡単なzipファイルにまとめたパッケージを作成します。

  • Duplicator
  • サイトを丸ごとコピーして移転する
  • ダッシュボード → 英語表記
  • 公式サイト → https://wordpress.org/plugins/duplicator/
  • ライセンス → 無償
  • 必須WordPressバージョン → 4.0
  • 検証済みバージョン → 4.8.3
  • 言語 → 15ケ国語
  • アクティブダウンロード数 → 1億

Duplicatorの使い方

「Duplicator」は次のような使い方ができます。

  • ドメインやホスト間でWordPressサイトを移行できる
  • バックアップとしても利用できる

Duplicatorを有効化した後、パッケージを作成します。パッケージは「インストーラ」と「アーカイブ」がパックになっています。インストーラは新たな環境にWordPressをインストールするために使います。

Duplicatorのパッケージの作成は以下の3ステップ

  • Setup
  • Scan
  • Build

All Packegesをクリックしてダウンロード画面進み、Installer,Archiveをダウンロードします。

ダウンロードしたinstaller.phpとXXXX.zipをFTP等で移転先のサーバにアップロードして、ブラウザから「htpp://ドメイン/install.php」でインストーラを起動します。

注意点

  • 小規模サイトのデータ移転向き、大規模サイトの場合エラーが発生する場合があります。
  • サーバ負荷が大きくなるため、レンタルサーバによっては動作しない場合もあります

※Duplicatorはサイト移転時には便利なプラグインですが、少し不安定な面もあります。ご利用時はバックアップなどで備えてから作業することを忘れないでください。

関連する記事

Duplicatorはサイトを丸ごとコピーできる

Head, Footer and Post InjectionsはGoogle AdSense 審査コードを貼りつけれる

Head, Footer and Post InjectionsはGoogle AdSense 審査コードを貼りつけれるプラグインです。Google AdSenseの審査コードなどHEADタグ内に貼りつけたいコードがあるとき、テーマに直接記述してしまうとア…

Duplicatorはサイトを丸ごとコピーできる

Speech bubbleは吹き出し会話風ページを簡単に作れる

Speech bubbleは吹き出し会話風ページを簡単に作れるプラグインです。会話内容を記述したショートコードを埋め込むことで簡単に会話風ページを作ることができます。 Speech bubbleの概要 【名称】Speech bubble 【機能】吹き出し会…

Duplicatorはサイトを丸ごとコピーできる

Attachment Taxonomiesはメディアをカテゴリー分けできる

Attachment Taxonomiesはメディアをカテゴリー分けできるプラグインです。WordPressは画像などのメディアを一覧で管理することができるのですが、多くなってくると探すのに一苦労します。Attachment Taxonomiesを使えばカ…

Duplicatorはサイトを丸ごとコピーできる

Content Aware Sidebarsはカテゴリーごとにサイドメニューを切り替える

Content Aware Sidebarsはカテゴリーごとにサイドメニューを切り替えてくれるプラグインです。Content Aware Sidebarsをインストールするメリットは、ページボリュームが多いサイトでカテーゴリーも多種に至っている場合関連する…

-WordPressプラグイン

執筆者:

関連記事

WP Social Bookmarking Lightはソーシャルボタンを表示

「WP Social Bookmarking Light」を導入すると、各種ソーシャルボタンを、記事やページ上に表示させることができます。WP Social Bookmarking Lightのおすすめする理由は、日本人が開発したものであるため、日本のインターネット事情にうまくマッチしているからです。

Add Quick Tagにショートコードやタグを登録してクイック編集

Add Quick Tagはショートコードやタグ、定型的な文章を登録してクイック編集ができるようにしてくれるプラグインです。Add Quick TagはWordPress編集画面(ビジュアルモードやH …

External Linksは発リンクに「nofollow」を自動で付ける

「External Links」は、発リンク(外部リンクに)自動でアイコンと rel=”nofollow” をつけてくれるプラグインです。発リンクは30%を超えるとGoogle …

Insert Pagesは共通する文章を埋め込む

「Insert Pages」は、共通する文章(コンテンツ)を複数のページにショートコードで埋め込むことができるプラグインです。製品やサービスページに共通する文章や画像などのページを作り、他のページに埋 …

Contact Form 7は問い合わせフォームを設置する

「Contact Form 7」はページに問い合わせフォームを設置できるプラグインです。問い合わせフォームは企業サイトには欠かせないもの、CGIを設置するのにはプログラムの知識が必要だったりします。「Contact Form 7」を利用すれば、簡単に問い合わせフォームをページに設置することが出来ます。