ネットショップのカート機能を追加するWordPressプラグイン【WP-OliveCart】

この記事はプロモーションが含まれています。

WordPressプラグイン【WP-OliveCart】はネットショップサイトを構築するWordPressプラグインです。今使っているテーマを変えずにショッピングカート機能を追加することができます。また、スマホ対応やクレジット決済にもすぐ対応できます。WP-OliveCart は公式サイトからのみダウンロードすることが可能です。「新規追加」から「プラグインをアップロード」を選択し、サイトからダウンロードしたものをzip形式のままアップロードします。また、スマホ対応やクレジット決済にもすぐ対応できます。「WP-OliveCart」は公式サイトからのみダウンロードすることが可能です。

WP-OliveCart(ネットショップのショッピングカート)

ネットショップのカート機能を追加するWordPressプラグイン【WP-OliveCart】

WP-OliveCart

WP-OliveCartは公式サイトからのみダウンロードすることが可能です。「新規追加」から「プラグインをアップロード」を選択し、サイトからダウンロードしたものをzip形式のままアップロードします。また、スマホ対応やクレジット決済にもすぐ対応できます。「WP-OliveCart」は公式サイトからのみダウンロードすることが可能です。

WP-OliveCart の特徴ショップに関するデータ管理を管理画面ですることが可能
オーダーページもレスポンシブデザインに対応、スマホのユーザーを逃がさない
商品登録をしながら商品個別ページを作ることができる
WP-OliveCart の特徴

WP-OliveCart の設定

送料設定WP-OliveCartは、お買い上げ合計金額別設定・・・10,000円以上のお買い上げで送料無料という設定がありますが、この機能を設定することができます。
決済方法設定WP-OliveCartは、決済方法は複数設定することが可能です。銀行振込だけでなく、クレジット決済や代引き決済もあるところが多いので、支払いに関する設定を行います。手数料や購入時の文言などもここで設定を行います。
一般設定WP-OliveCartの一般設定は、スマホ対応のテーマにしたり、注文が入った際に送るメールアドレスの設定ができます。
WP-OliveCart の設定

EC-CUBE(イーシーキューブ)」は、株式会社イーシーキューブのEC構築パッケージを誰でも無料で利用・改変できる「オープンソース」として公開したものです。ダウンロードは無料。必要な機能は揃っているので、すぐに開店することができます。改変も自由なので、カスタマイズをすれば、オンライン予約やカスタムオーダーなど、ASPサービスでは実現できない様々な販売形態のサイトを作ることもできます。さらに、物流・決済・広告などネットに留まらないリアル領域の各種EC周辺サービスととの無限の組み合わせによって、独自のショッピングプラットフォームを構築することができます。

WP-OliveCart は、今使っているテーマを変えずにショッピングカート機能を追加することができます。また、スマホ対応やクレジット決済にもすぐ対応できます。「WP-OliveCart」は公式サイトからのみダウンロードすることが可能です。「新規追加」から「プラグインをアップロード」を選択し、サイトからダウンロードしたものをzip形式のままアップロードします。

ネットショップとはインターネット上でモノやサービスを売るウェブサイトのことです。ネットショップをスタートする場合はメリットとデメリットを見据えておくことをお勧めします。

メリットデメリット
販売エリアが広がる集客が難しい
開店するためのコストが低い価格競争になることがある
24時間営業できる顧客の固定化が難しい
ネットショップのメリットとデメリット

WordPressプラグインのメリットとデメリット

ネットショップのカート機能を追加するWordPressプラグイン【WP-OliveCart】

WordPress最大の特徴の一つとして「プラグイン」があります。標準のWordPressにはない機能(プログラム)が「プラグイン」という形で配布されており、それらを追加インストールする事によって、Webサイトに様々な拡張機能を持たせる事が出来ます。しかしながら、プラグインやテーマとのマッチング、プラグイン同士の相性で不具合が発生することもあります。また、数多くのプラグインを利用する表示速度に影響を与えたり、悪意のあるプログラムが含まれたものもあり注意が必要です。

メリットデメリット
必要な機能を簡単に導入することができる数が多くなると、サイトが重くなる
管理画面だけで柔軟に対応できる数が多くなると、管理しきれなくなる
難易度の高いコーディングをしなくてすむ他のプラグインと競合したり、バグがあったりするものもある
アップデートに伴い、プログラムの更新がされ対応してくれるサポートが途中で終わることがある
プラグイン導入のメリット・デメリット

そして、最も注意したいのは、WordPressのコアプログラム(PHPのバージョンアップ)の進化等によってプラグインが利用できなくなることもあります。このようなリスクを避けたいのであれば、最初から機能が組み込まれている有料テーマの利用、バックアップ機能や高速かつセキュリティに対応したレンタルサーバーの利用が推奨されます。

■プラグインのエラーを回復

プラグインのエラーは更新中に発生することが多く、画面が真っ白になったりします。プラグインが利用できなくなるだけではなく、WordPressにログインできなくなったりWEBサイトが表示されなくなったりすることもあります。プラグインの更新中は自動的にメンテナンスモードになりサイトにアクセスできなくなります。更新が終了すれば自動的にメンテナンスモードが解除されアクセスできるようになっていますが、更新中に何らかの原因で失敗してしまうとメンテナンスモードが解除されずアクセスできないといった状態になるわけです。

>> エラーが発生した時の回復方法

WordPressプラグインを安全に運用する

プラグインは多くの拡張機能を簡単にサイト内に取り込むことができ大変便利なものですが、多用すると表示速度に影響を与えたりし、過度の利用は推奨されていません。また、プラグインどうしの干渉でエラー発生してしまったり、プラグインによっては悪意のあるプログラムが含まれていたりセキュリティ面で不安のあるものもあります。

プラグインを安全に利用するためには、レンタルサーバーのバックアップ機能やセキュリティ対策についても着目し、高速で安全なものがおすすめになります。

ネットショップのカート機能を追加するWordPressプラグイン【WP-OliveCart】

ConoHaは、国内最速の高性能レンタルサーバーサービスで、サイトコピー機能で、ワンクリックでサイトの複製が可能、かんたん移行ツールで他社サーバーからの乗り換えが楽々!