WordPressプラグイン「WP-OliveCart」はネットショップのカートを追加

WP-OliveCart」はネットショップサイトを構築するWordPressプラグインです。今使っているテーマを変えずにショッピングカート機能を追加することができます。また、スマホ対応やクレジット決済にもすぐ対応できます。「WP-OliveCart」は公式サイトからのみダウンロードすることが可能です。「新規追加」から「プラグインをアップロード」を選択し、サイトからダウンロードしたものをzip形式のままアップロードします。

「WP-OliveCart」はネットショップのカート機能を追加

WordPressプラグイン「WP-OliveCart」はネットショップのカートを追加

WP-OliveCart4はプラグインのため、ショップに関するデータの管理を管理画面ですることが可能です。


  • ショップに関するデータ管理を管理画面ですることが可能
  • オーダーページもレスポンシブデザインに対応、スマホのユーザーを逃がさない
  • 商品登録をしながら商品個別ページを作ることができる

「WP-OliveCart」の設定

【送料設定】

お買い上げ合計金額別設定・・・10,000円以上のお買い上げで送料無料という設定がありますが、この機能を設定することができます。

【決済方法設定】

決済方法は複数設定することが可能です。銀行振込だけでなく、クレジット決済や代引き決済もあるところが多いので、支払いに関する設定を行います。手数料や購入時の文言などもここで設定を行います。

【一般設定】

一般設定は、スマホ対応のテーマにしたり、注文が入った際に送るメールアドレスの設定を行います。

「EC-CUBE」はネットショップ向けオープンソース

EC-CUBE(イーシーキューブ)」は、株式会社イーシーキューブのEC構築パッケージを誰でも無料で利用・改変できる「オープンソース」として公開したものです。ダウンロードは無料。必要な機能は揃っているので、すぐに開店することができます。改変も自由なので、カスタマイズをすれば、オンライン予約やカスタムオーダーなど、ASPサービスでは実現できない様々な販売形態のサイトを作ることもできます。さらに、物流・決済・広告などネットに留まらないリアル領域の各種EC周辺サービスととの無限の組み合わせによって、独自のショッピングプラットフォームを構築することができます。

ネットショップとは

ネットショップとはインターネット上でモノやサービスを売るウェブサイトのことです。ネットショップをスタートする場合はメリットとデメリットを見据えておくことをお勧めします。

【メリット】

  1. 販売エリアが広がる
  2. 開店するためのコストが低い
  3. 24時間営業できる

【デメリット】

  1. 集客が難しい
  2. 価格競争になることがある
  3. 顧客の固定化が難しい

WordPressプラグイン「WP-OliveCart」はネットショップのカートを追加

WordPressテーマ「Customify」はネットショップやレストラン向き

「Customify」はネットショップやレストラン向きWordPressテーマです。「Customify」のテーマカスタマイザーは多岐にわたってカスタマイズすることができるようになっているので、ショップ、ビジネスエージェンシーなどのあらゆるタイプのWebサイトを構築できるテーマです。企業、ポートフォリオ、教育、大学ポータル、コンサルティング、教会、レストラン、医療などにも向いています。また、Customifyは、WooCommerce、OrbitFox、Yoast、BuddyPress、bbPressなどの主要なプラグインと互換性があります。


WordPressプラグイン「Welcart e-Commerce」はネットショップを作る

「Welcart e-Commerce」は日本でトップシェアのネットショップ構築システムです。ウェルカート(Welcart)はオンラインショップを作るための柔軟性を備えたすべての機能を備えています。オリジナルのショップをWordPressで簡単に作成できます。テンプレートのデザインや拡張機能は、必要なモノだけStoreから購入して追加したり、変更したりできます。


WordPressプラグインとは

WordPressプラグイン「WP-OliveCart」はネットショップのカートを追加

プラグインの多用は表示速度やメンテナンス性などに影響を与えるので必要なものに留める方が良いようです。また、インストールするサーバ環境や干渉、テーマとのマッチングの問題も発生します。

プラグインは、WordPressの機能を拡張するためのツールです。 WordPress のコアは、柔軟性を保つため、不必要なコードでふくれあがってしまわないように設計されています。ユーザーそれぞれが特定のニーズに合ったものを利用して、カスタム機能を取り入れられるように作られています。 WordPress Codex日本語版(公式オンラインマニュアル)

プラグインのメリットとデメリット

プラグインを使うメリットは以下のものでしょうか。

  • 必要な機能を簡単に導入することができる
  • 管理画面だけで柔軟に対応できる
  • 難易度の高いコーディングをしなくてすむ
  • WordPressのアップデートに伴い、アップデートがかかり、対応してくれる

導入には次のようなデメリットもあります。

  • 数が多くなると、サイトが重くなる
  • 数が多くなると、管理しきれなくなる
  • 他のプラグインと競合したり、バグがあったりするものもある
  • サポートが途中で終わるものもある

「WP-OliveCart」は、今使っているテーマを変えずにショッピングカート機能を追加することができます。また、スマホ対応やクレジット決済にもすぐ対応できます。「WP-OliveCart」は公式サイトからのみダウンロードすることが可能です。「新規追加」から「プラグインをアップロード」を選択し、サイトからダウンロードしたものをzip形式のままアップロードします。

WordPressプラグイン「WP-OliveCart」はネットショップのカートを追加
WordPressプラグイン「WP-OliveCart」はネットショップのカートを追加
トップへ戻る