Twenty Twenty WordPressテーマのカスタマイズ方法

Twenty Twenty のカスタマイズ概要

Twenty Twenty【wordpress.org】

Twenty Twenty のカスタマイズ

Twenty Twenty はWordPress 5.3の最新リリースに伴うWordPressの新デフォルトテーマです。Twenty Nineteenと同じく、Gutenbergに特化してデザインされました。カスタマイズするには、大きく分けて機能とデザイン性をカスタマイズすることになります。どちらも手段が複数ありますので、事前に理解して取り組まれるとよいでしょう。特にテーマのコードを直接編集する方法はリスクも高いので、よく理解されている方以外にはおすすめできません。

WordPress.orgTwenty Twenty
バージョン1.9
最終更新日2022年1月25日
有効インストール800000+
WordPressバージョン4.7以上
PHPバージョン5.2.4以上
Twenty Twenty の概要 2022年5月20日現在

Twenty Twenty をカスタマイズする方法は大きく分けて、テーマカスタマイザーを使う、cssの追加をする、直接テンプレート(PHP)ファイルを書き換えるになります。プラグインを利用すると素早く安全にカスタマイズすることも可能です。

プラグインを利用するにしても、直接テンプレート(PHP)ファイルを書き換えるにしてもリスクが発生するので、バックアップ環境は整えておかれることを推奨します。

Twenty Twenty をカスタマイズするには下記の手順で行います。

  1. WEBサイトの構成を考える (※注1)
  2. 不要な機能を削除する
  3. 必要な拡張機能(プラグイン)を追加する
  4. グローバルナビゲーションやサイドメニューを作る
  5. TOPページを作る
  6. 発信者情報ページを作る
  7. お知らせや、ブログ(製品やサービスをカテゴリーに構成する)を設置する

※ 注1)固定ページ・投稿ページのコンテンツを書き出す。そしてカテゴリーやタグを振り分ける。などの設計書・制作ガイドラインを作成しておくと作業をスムースに進めることができ、修正が発生しても最小限の工程で完結できるようになります。

テーマカスタマイザー

Twenty Twenty のテーマカスタマイザーでは、色や背景画像、メニューやウィジェットに設置する内容などをカスタマイズします。Twenty Twenty は以下の内容がカスタマイズできます。

サイト基本情報サイトのタイトル
キャッチフレーズ
サイトアイコン
背景色
ヘッダーとフッターの背景色
メインカラー(ディフォルトとカスタム)
テーマオプションヘッダーに検索を表示
作成者名を表示
アーカイブページで投稿に表示
(全文を表示か要約)
カバーテンプレート固定背景画像
オーバーレイ背景色
オーバーレイテキスト色
オーバーレイの不透明度
背景画像画像を選択
メニューディスクトップ水平メニュー
ディスクトップ展開メニュー
モバイルメニュー
ソーシャルメニュー
ウィジェットフッター1
フッター2
追加CSSサイトの外観とレイアウトのカスタマイズ
Twenty Twenty のテーマカスタマイザー

Twenty Twentyのカスタマイズはいろいろな方法があります。WordPressの管理画面からカスタマイザーを利用してフォントや色、レイアウトなどをカスタマイズする方法。CSSを追加してカスタマイズする方法。プラグインをインストールして機能をカスタマイズする方法。「テーマーの編集」から直接編集する方法などがあります。

css(スタイルシート)をカスタマイズ

Twenty Twenty に css(スタイルシート)を追加
Twenty Twenty に css(スタイルシート)を追加

部分的に色を変更したり、文字の大きさを変更したりしたいのであればcss(スタイルシート)を追加することになります。cssの(スタイルシート)を追加する場合は、テーマカスタマイザーの「css追加」を利用するか、テンプレートファイルの「style.css」に追加することになります。

テーマカスタマイザーの「css追加」は複雑なコード編集は苦手ですが、テーマの更新に上書きされることはありません。逆にテンプレートファイルの「style.css」は上書きされるので、子テーマで対応するか、バックアップをとり対応するかになります。

テンプレートファイル(PHP)のカスタマイズ

テンプレートファイル(テーマファイル)のカスタマイズは、外観 → テーマファイルエディタで編集することになります。テンプレートファイルの構成は各テーマによって異なっていますが概ね以下のようなファイルで構成されています。

  • スタイル(style.css)
  • テーマの関数
  • 404テンプレート
  • コメント
  • テーマフッター
  • テーマヘッダー
  • 検索フォーム
  • 単一テンプレート

テンプレートファイルを直接編集してカスタマイズすることもできます。ただ、この方法は高度な知識を必要とされますので、十分な知識をお持ちの方におすすめなります。記述ミスによって画面が表示されなくなったり、管理画面にログインすらできなくなったりすることもあります。

プラグインでカスタマイズ

公式テーマは審査後公認され無料で利用できるようになります。基本部のみの配信のため拡張機能を利用したい場合はプラグインで機能を拡張させることになります。

Table of Contents Plusページ内のコンテンツの目次を作成
All in One SEO PackSEOを一括して設定
WP Multibyte Patchマルチバイト文字の修正(コンタクトフォームを利用するなら必須)
Duplicatorサイトを丸ごとコピーしてバックアップ
WP Maintenance Modeメンテナンス中であることを表示
Pz-LinkCard外部リンクをカード形式で表示
WP-Optimizeデータベースをクリーンアップ
Insert Pagesページ内に文章を埋め込む
RedirectionURLをリダイレクト
Broken Link Checkerリンク切れをチェックする
カスタマイズに使いたいプラグイン

Promotion

ドメイン取るならお名前.com

年間1円(税込)から独自ドメインの取得が可能

600種類以上のドメイン

DNSサービス・ドメイン自動更新サービスを無料提供

24時間365日のサポートを全ユーザーに無料で提供