WordPressをメンテナンスしたいときに使うプラグイン

WordPressにメンテナンスが必要な理由は、安定して運用し続けるためです。WordPressは突然のトラブルに見舞われることも少なくありません。そのため、万が一に備えてメンテナンスが必要になってくるのです。WordPressを動作させるためのサーバーも、さまざまな技術を寄せ集めてできています。そのため、トラブルの種類も多岐にわたり、広い知識や専門技術がなければ対応できないこともあります。トラブルを早期に発見し安定して使い続けるには、定期的なメンテナンス作業を心がけましょう。

WP Maintenance Modeはメンテナンスを表示

WP Maintenance Mode

WP Maintenance Mode

WP Maintenance Mode は、サイトのメンテナンス中を表示してくれます。サイトを全体にわたって修正をかけたり、リニューアルしたいときなど「メンテナンス中」であることを表示してくれます。WP Maintenance Modeを有効にすると、サイトはメンテナンスモードで動作し、管理者権限を持つユーザーは、フロントエンドを含むブログに完全にアクセスできます。

WordPress.org WP Maintenance Mode
バージョン2.4.1
最終更新5ケ月前
有効インストール800000+
WordPressバージョン3.5
検証済みバージョン5.8.2
PHPバージョン5.6以上
WP Maintenance Mode の概要 2021年12月

Better Delete Revisionは不要なリビジョンを削除

Better Delete Revision

Better Delete Revision

Better Delete Revision は不要なリビジョンデータを削除します。WordPressにはリビジョンという機能があり、記事を保存するたびに履歴が保存されます。Better Delete Revision はこの履歴を削除します。手動で保存されているリビジョンデータを削除することができます。リビジョンは、記事を保存するたびに履歴が保存されるようになっています。

WordPress.orgBetter Delete Revision
バージョン1.6.1
最終更新7年前
有効インストール40000+
WordPressバージョン2.7以上
検証バージョン4.0.32
Better Delete Revision の概要 2021年12月現在

プラグインのインストールや更新時エラーの対処

プラグイン をインストールするには、ダッシュボード → プラグイン → 新規追加 → 検索 → プラグイン名 で検索 → インストール → 有効

プラグインのインストール

プラグインはインストール時や更新時にエラーを起こしてしまうことがあります。エラーによってはサイトが表示できなくなるだけではなく、WordPressにログインできなくなったりWEBサイトを利用できなくなったりすることもあります。

エラーが発生した時の回復方法

更新中は自動的にメンテナンスモードになりサイトにアクセスできなくなります。更新が終了すれば自動的にメンテナンスモードが解除されアクセスできるようになっています。更新中に何らかの原因で失敗してしまうとメンテナンスモードが解除されずアクセスできないといった状態になるわけです。対処としては次の2つが代表的なものになっています。

Promotion

ロリポップ!なら大人気のWordpressも簡単インストール!
あなたもWordPressでブログデビューしちゃおう!!

お申し込みと同時にWordPressがインストールでき、 誰でも簡単にWebサイト・ブログ運営を始めることができます。

月額99円から利用できる「エコノミープラン」、 速さと安定性を備えた大満足の「ハイスピードプラン」など お客さまのニーズに合ったプランが充実しています。