WordPressをメンテナンスしたいときに使うプラグイン

WordPressにメンテナンスが必要な理由は、安定して運用し続けるためです。WordPressは突然のトラブルに見舞われることも少なくありません。そのため、万が一に備えてメンテナンスが必要になってくるのです。WordPressを動作させるためのサーバーも、さまざまな技術を寄せ集めてできています。そのため、トラブルの種類も多岐にわたり、広い知識や専門技術がなければ対応できないこともあります。トラブルを早期に発見し安定して使い続けるには、定期的なメンテナンス作業を心がけましょう。

メンテナンスできるプラグイン

WP Maintenance Mode

WP Maintenance Mode は、サイトのメンテナンス中を表示してくれます。サイトを全体にわたって修正をかけたり、リニューアルしたいときなど「メンテナンス中」であることを表示してくれます。WP Maintenance Modeを有効にすると、サイトはメンテナンスモードで動作し、管理者権限を持つユーザーは、フロントエンドを含むブログに完全にアクセスできます。

>>続きを読む

Better Delete Revision

Better Delete Revision は不要なリビジョンデータを削除します。WordPressにはリビジョンという機能があり、記事を保存するたびに履歴が保存されます。Better Delete Revision はこの履歴を削除します。手動で保存されているリビジョンデータを削除することができます。リビジョンは、記事を保存するたびに履歴が保存されるようになっています。

>>続きを読む

Revision Control

Revision Control はリビジョンの最大保存数を制限してデータ容量を減らすことができます。リビジョンは編集を保存してくれる機能で、保存された内容に復元できる便利なものですが、変更のたびに内容が保存されデータベースが膨らんでしまいます。最大保存数を制限しておきましょう。リビジョンは更新した内容を保存してくれる機能で、過去に保存された内容に復元できる便利なものですが、WordPressの初期設定では、記事を変更するたびに内容が保存されるようになっていて、データベースが膨らんでしまいます。

>>続きを読む

WP-Optimize

WP-Optimize はデータベースを自動的にクリーンアップしてくれます。ゴミ箱、未承認、迷惑メールのコンテンツとpingback、トラックバックなどを削除してくれます。WP-Optimize はデータベースを自動的にクリーンアップしてくれます。ゴミ箱、未承認、迷惑メールのコンテンツとpingback、トラックバックなどを削除してくれます。

>>続きを読む

Redirection

Redirection はURLをリダイレクトしてくれます。リンク切れがあると訪問者に対しても、クローラーに対しても(SEOにも)悪影響を与えます。ページを同じサイト内や他のサイトに移動した(URLの変更が生じる)場合、リダイレクト処理をしてくれます。Redirection は 301 リダイレクトを管理し、404 エラーをモニターするためのプラグインです。

>>続きを読む

Head Cleaner

Head Cleaner はソースを最適化してSEOにとって必要な表示速度を高速化してくれます。CSSとJavaSceiptをコンパクトに最適化してくれます。HEAD内のJavaScript・CSSの整理・統合・フッターへの移動ができます。ページ表示速度は影響が少ないとはとはいえ、Googleが重要視していることは公表されています。

>>続きを読む

Autoptimize

Autoptimize はプログラムソースコードを最適化してページの表示速度を高速化してくれます。システム的にページを掃き出すため、アクセスの増加によってサーバーに負荷が増えページ表示速度が遅くなってしまった場合等はプログラムソースコードを最適化すると良いでしょう。

>>続きを読む

プラグインのインストールや更新時エラーの対処

プラグイン をインストールするには、ダッシュボード → プラグイン → 新規追加 → 検索 → プラグイン名 で検索 → インストール → 有効

プラグインはインストール時や更新時にエラーを起こしてしまうことがあります。エラーによってはサイトが表示できなくなるだけではなく、WordPressにログインできなくなったりWEBサイトを利用できなくなったりすることもあります。

エラーが発生した時の回復方法

更新中は自動的にメンテナンスモードになりサイトにアクセスできなくなります。更新が終了すれば自動的にメンテナンスモードが解除されアクセスできるようになっています。更新中に何らかの原因で失敗してしまうとメンテナンスモードが解除されずアクセスできないといった状態になるわけです。対処としては次の2つが代表的なものになっています。