WordPressを高速化するプラグイン

WordPressを高速化するプラグイン

WordPressを高速化するにはまずプラグインの見直しからしましょう。そして、キャッシュ化などをしてくれるプラグインの利用も検討しておきましょう。デフォルトでは速度が遅い上に、そのまま色々なプラグインを追加していくとサイトの表示速度が低下していく傾向があります。サイトの表示速度が遅ければユーザビリティが下がり離脱率の増加や検索順位の低下などの問題が起こります。

WP HTTP Compressionはgzip圧縮で高速化する

WP HTTP Compression は、ページ全体をgzip圧縮してブラウザに読み込ませて表示を高速化してくれます。ページ全体をgzip圧縮してブラウザに読み込ませて表示速度を速くしてくれるのです。

WordPress.orgWP HTTP Compression
バージョン1.0
最終更新10年前
有効インストール1000+
WordPressバージョン3.4.1以上
検証済みバージョン2.9.2
WP HTTP Compression の概要 2022年1月

Head Cleanerはソースを高速化する

Head Cleaner はソースを最適化してSEOにとって必要な表示速度を高速化してくれます。CSSとJavaSceiptをコンパクトに最適化してくれます。HEAD内のJavaScript・CSSの整理・統合・フッターへの移動ができます。ページ表示速度は影響が少ないとはとはいえ、Googleが重要視していることは公表されています。

WordPress.orgHead Cleaner
バージョン1.4.4
最終更新5年前
有効インストール9000+
WordPressバージョン2.5以上
検証済みバージョン4.4.26
Head Cleaner の概要 2022年1月現在

WordPressの高速化

WordPressの高速化手法としては下記のもが広く言われています。

  • プラグインを見直す
  • PHPのバージョンを最新にする
  • 画像の読み込みを敢えて遅延させる
  • 画像の容量を適切なサイズにリサイズする
  • キャッシュ化プラグインを導入する

WordPressの高速化を確認する

Autoptimizeを有効化してPageSpeed Insightsでこのサイトをチェックしてみました。有効化する前は「54/100」だったのが、「68/100」となりました。使用するテーマやその他の環境によってこの数値はかわりますが、注意したいのはソースがどのように変化してしているか?スクリプトが消えてしまうこともありますので各ページのチェックは必ず行ってください。

表示速度とSEOの関連性

表示速度がランキング要因の一つであることを2012年にGoogleから発表されています。PageSpeed Insights等でチェックし自サイトの表示スピードに注意をすべきです。表示が遅いことはランキングに影響するばかりでなく、検索ユーザーにも影響を与えてしまいます。検索結果でクリックされても表示が遅いことで読まれることなくサイトを去られてしまうことになってしまうからです。

プラグインの注意点

プラグインとは機能を拡張するためのツールです。コアは、柔軟性を保つため、不必要なコードでふくれあがってしまわないように設計されています。ユーザーそれぞれが特定のニーズに合ったものを利用して、カスタム機能を取り入れられるように作られています。

WordPress Codex日本語版(公式オンラインマニュアル)

プラグインの多用は表示速度やメンテナンス性などに影響を与えるので必要なものに留める方が良いようです。また、インストールするサーバ環境や干渉、テーマとのマッチングの問題も発生します。

メリットデメリット
必要な機能を簡単に導入することができる数が多くなると、サイトが重くなる
管理画面だけで柔軟に対応できる数が多くなると、管理しきれなくなる
難易度の高いコーディングをしなくてすむ他と競合したり、バグがあったりするものもある
アップデートに伴い、アップデートがかかり、対応してくれるサポートが途中で終わるものもある
プラグイン導入のメリット・デメリット