WordPressプラグイン

Classic Editor:Gutenbergと旧エディタを切り替える

更新日:

WordPressプラグインClassic EditorはWordPress 5.0から採用された新しいエディタ Gutenberg を旧エディタに戻してくれるプラグインです。戻してくれるだけでなく、エディタを切り替えて使えるようにもしてくれます。

blogger-336371_1920 Classic Editor:Gutenbergと旧エディタを切り替える

Classic Editorの概要

Classic EditorはWordPress5.0の新エディタGutenbergを旧タイプのエディタに戻してくれます。

  • 【プラグインの名称】 Classic Editor
  • 【プラグインの機能】Gutenbergを旧タイプのエディタに戻す
  • 【公式ページ】https://ja.wordpress.org/plugins/classic-editor/
  • 【必須WordPressバージョン】4.9以上
  • 【検証済みバージョン】5.0.1
  • 【PHP Ver 5.2.4以上】
  • 【アクティブなインストール数】1百万

Classic Editorの設定

Classic Editorの設定はダッシュボードから 「設定」 → 「投稿設定」と進み動作を設定するようになっています。

classic Classic Editor:Gutenbergと旧エディタを切り替える

Classic Editorのインストール

ダッシュボードからプラグイン → 新規追加 → プラグインの名称で検索 → インストールボタンをクリック → 有効化ボタンをクリックし必要な設定を行います。

plugins Classic Editor:Gutenbergと旧エディタを切り替える

ご利用の環境によってはインストールできないことやエラーになることもあります。エラーの対処方法はこちらをお読みください

※関連記事

2099465_1920-150x150 Classic Editor:Gutenbergと旧エディタを切り替える

Recent Posts Widget Extendedは新着記事をサムネイル一覧表示

Recent Posts Widget Extendedは新着記事をサムネイル付きで一覧表示してくれるWordPressプラグイ…

adult-3408111_1920-150x150 Classic Editor:Gutenbergと旧エディタを切り替える

Search Excludeは任意ページを検索結果から除外できる

Search ExcludeはWordPressの検索結果(サイト内検索)に表示したくないページを除外してくれるプラグインです。…

blogger-336371_1920-150x150 Classic Editor:Gutenbergと旧エディタを切り替える

Crayon Syntax Highlighter:記事にHTMLソース等を表示する

Crayon Syntax Highlighterは、記事にHTMLソースなどを綺麗に表示することができます。企業のサイトでは、…

3368242_1920-150x150 Classic Editor:Gutenbergと旧エディタを切り替える

Easy Table of Contents:目次を自動で作る

Easy Table of Contentsは投稿や固定ページに「見出しタグ h1 ~ h6」を元に自動で「目次」を作成して表示してくれます。Easy Table of Contentsは目次を投稿や固定ページ、カスタム投稿タイプにも挿入することが出来ます。

849804_1920-150x150 Classic Editor:Gutenbergと旧エディタを切り替える

Classic Editor:Gutenbergと旧エディタを切り替える

WordPressプラグインClassic EditorはWordPress 5.0から採用された新しいエディタ Gutenbe…

791049_1920-150x150 Classic Editor:Gutenbergと旧エディタを切り替える

Breadcrumb NavXT:パンクズリストを設置できる

Breadcrumb NavXTはパンクズリストを設置できるWordPressプラグインです。有料テーマや無料テーマによっては標…

-WordPressプラグイン

Copyright© WordPress テーマとプラグイン , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.