ブロックエディタ(Gutenberg)でブログカードを表示させる

【ブログカードを埋め込む】

WordPressはデフォルトでサイト内のページをブログカードとして表示することができるようになっています。関連する記事などをURLを記述することで、カード形式で表示してくれます。

ブログカードを埋め込むには記事内のカードを表示させたいところに移動し段落を作成します。アイテムをすべて表示 → WordPress を選択します。

編集エリアに WordPress URL が表示されるので、表示したいページのURLを記述します。WordPressのブログカードはサイト内のコンテンツ(内部リンク)が対象になっています。外部サイトのURLでも表示されますが安定して表示されない時もあります。

*段落に直接URLを記述しても同様の結果は得られます。

カードにはリンク先のページタイトル、ページの説明文、サイトアイコンとサイト名が表示されます。例では表示させていませんが、アイキャッチ画像を設定していればサムネとして右上に表示されます。ページの説明文はアイキャッチを表示をすると短くされてしまうこともあり、外部リンクを使用する場合は注意が必要です。また、リンク先を新しい窓で開く設定はできません。

★ブログカードの配列
ブログカードを2カラムに配置し、横並びで表示することもできます。PCでは横に配列されますが、スマートフォンなどのデバイスでは左側のカードから縦に配列されます。そして、ページの説明文は短めになってしまいます。

Pz-LinkCard

Pz-LinkCardはURLを指定するとブログカード形式で表示してくれるWordPressプラグインです。外部リンクと内部リンクでカードの色や新しくウインドウを開くか細かく設定することができます。WordPressにも標準で内部リンク(自サイトのみ)に対応するブログカード機能がありますが、「Pz-LinkCard」のように細かく設定をすることはできません。

ブログカードの注意点

  • カードの対象は自サイトの内部リンク
  • リンク先を新しい窓で開けない
  • 記事内に多数のカードを配置するとブログカードとして表示されないことがある
  • ページの説明文の長さは自動で調整される

WordPressのブロックエディタ(Gutenberg)は直感的に編集できる優れたエディタですが、記事を装飾したり、レイアウトデザインをしたいときには少し戸惑うこともあるかもしれません。編集機能がサポートされているテーマを利用すと悩みを解決できるかも。凝ったデザインや複雑なレイアウトを提供してくれる業者やフリーターを探すサービスも利用価値があるのでは?

※この記事はプロモーションが含まれています。

Screenshot of thor-demo01.fit-theme.com
【THE THOR(ザ・トール)】 は、SEO・デザイン・機能の3拍子揃った国内最高峰のWordPressテーマです。アクセスUP、収益UPを強力に後押しする「集客・収益化支援システム」が搭載されています。