再利用ブロックの機能を拡張するReusable Blocks Extended

Reusable Blocks Extended

Reusable Blocks Extended

Reusable Blocks Extended

Reusable Blocks Extended は Gutenberg の再利用ブロックの機能を拡張してくれます。再利用ブロックは登録したブロックを記事に気軽に呼び出して貼り付ける機能ですが、デフォルト機能ではブロックを再編集したいときちょっと面倒だったりします。

NameReusable Blocks Extended【wordpress.org】
Version0.9
Last updated6ケ月前
Active installations10,000+
WordPress Version6.0.3 or higher
Tested up to6.0.3
PHP Version7.0
Reusable Blocks Extendedの概要 2022年10月

使い方

Reusable Blocks Extended をインストールして有効化すると Blocks が追加されます。

「Blocks」 をクリックすると登録されている再利用ブロックの一覧が表示されます。

再利用ブロック一覧

再利用ブロックを新規追加したり、編集したりすることが可能です。ここで編集した内容は、掲載先の内容に反映されます。(複数のページを修正する手間を省くことができます。)

デフォルトの機能でも編集はもちろんできますが、Reusable Blocks Extended を利用する方が一画面に集約されているので、わかりやすく操作しやすいのではないでしょうか。

インストール

Reusable Blocks Extended をインストールするには、ダッシュボード → プラグイン → 新規追加と進みます。

「Page Builder」のインストール
インストール

検索 → Reusable Blocks Extended で検索 → インストール → 有効化すれば利用できるようになります。

※ WordPressのプラグインがエラーを発生した時の回復方法

ブロックパターンを登録し記事に貼り付けるプラグインVK Block Patterns - ブログで記事をかき続けていると同じような内容のコンテンツができることがあります。ページ毎にコンテンツを作成するのはちょっと面倒ですし、誤って記述してしまうこともあります。過去の記事からコピーして貼り付けるのもよいでしょう […]
Gutenbergの再利用ブロックの使い方・ブロックを登録・管理 - WordPressのデフォルトエディタ Gutenberg には指定したブロックを簡単に違う記事に貼り付けることができるようになっています。記事を書いているとサイト内の他の記事の一部分と同じような内容ができることがありま […]
Easy Access Reusable Blocks 再利用ブロックを管理できるWordPressプラグインの使い方 - Gutenberg(グーテンベルク)に採用されている「再利用ブロック」はサイト内で使いまわしたいコンテンツをブロックとして指定できる非常に便利なものです。ただ、再利用数が多くなってしまうと管理がやや面倒になります。Eas […]

プラグインの注意点

プラグインの多用は表示速度やメンテナンス性などに影響を与えるので必要なものに留める方が良いようです。また、インストールするサーバ環境や干渉、テーマとのマッチングの問題も発生します。

プラグインとは機能を拡張するためのツールです。コアは、柔軟性を保つため、不必要なコードでふくれあがってしまわないように設計されています。ユーザーそれぞれが特定のニーズに合ったものを利用して、カスタム機能を取り入れられるように作られています。

WordPress Codex日本語版(公式オンラインマニュアル)
プラグインのメリット・デメリット
メリットデメリット
必要な機能を簡単に導入することができる数が多くなると、サイトが重くなる
管理画面だけで柔軟に対応できる数が多くなると、管理しきれなくなる
難易度の高いコーディングをしなくてすむ他と競合したり、バグがあったりするものもある
アップデートに伴い、アップデートがかかり、対応してくれるサポートが途中で終わるものもある
プラグイン導入のメリット・デメリット

Promotion

ランディングページ機能付きWordPress 有料テーマ Emanon

Web集客に必要な機能を搭載したビジネス用WordPressテーマです。 事業サイトやビジネス用メディアブログ向き。