WordPressプラグイン

Intuitive Custom Post Orderは記事を並び替えることができる

投稿日:2019年5月15日 更新日:

Intuitive Custom Post Orderは記事の順番をドラッグ&ドロップの簡単な操作で並び替えることができるようにしてくれるプラグインです。固定ページはページ属性の並び順によって並び替えることができるのですが、投稿にはこの機能が残念ながらありません。この機能は、投稿を時系列で一覧表示するのではなく、カテゴリーやタグのグループ内で見やすく並び替えたいときなど非常に重宝します。

Intuitive Custom Post Orderは記事を並び替えることができる

Intuitive Custom Post Orderの概要

  • 【名称】Intuitive Custom Post Order
  • 【機能】記事を並び替えることができる
  • 【URL】https://wordpress.org/plugins/intuitive-custom-post-order/
  • 【ライセンス】無償
  • 【ダウンロード】300,000+
  • 【必須WordPressバージョン】 → 3.5.0以上
  • 【検証済みバージョン】 → 5.1.0
  • 【言語】 → 全6言語
  • 【最終更新】 → ※常に変化しますので公式ページでご確認ください

Intuitive Custom Post Orderの使い方

Intuitive Custom Post Orderをインストールし、投稿を並び替えたいときは、ダッシュボードから設定 → 並び替え設定 → カスタム投稿タイプの投稿にチェックをいれておきます。

Intuitive Custom Post Orderは記事を並び替えることができる

あとは、投稿一覧画面で記事をドラッグ&ドロップで並び替えることができます。カテゴリーの一覧表示ではこの順番が反映されるようになっています。

Intuitive Custom Post Orderのインストール

Intuitive Custom Post Orderをインストールするにはダッシュボードからプラグイン → 新規追加 → Intuitive Custom Post Order検索 → インストールボタンをクリック → 有効化ボタンをクリックし必要な設定を行います。

Intuitive Custom Post Orderは記事を並び替えることができる

ご利用の環境によってはIntuitive Custom Post Orderをインストールできないことやエラーになることもあります。エラーの対処方法はこちらをお読みください

※関連する記事

Intuitive Custom Post Orderは記事を並び替えることができる

Head, Footer and Post InjectionsはGoogle AdSense 審査コードを貼りつけれる

Head, Footer and Post InjectionsはGoogle AdSense 審査コードを貼りつけれるプラグイ…

Intuitive Custom Post Orderは記事を並び替えることができる

Speech bubbleは吹き出し会話風ページを簡単に作れる

Speech bubbleは吹き出し会話風ページを簡単に作れるプラグインです。会話内容を記述したショートコードを埋め込むことで簡…

Intuitive Custom Post Orderは記事を並び替えることができる

Attachment Taxonomiesはメディアをカテゴリー分けできる

Attachment Taxonomiesはメディアをカテゴリー分けできるプラグインです。WordPressは画像などのメディア…

Intuitive Custom Post Orderは記事を並び替えることができる

Content Aware Sidebarsはカテゴリーごとにサイドメニューを切り替える

Content Aware Sidebarsはカテゴリーごとにサイドメニューを切り替えてくれるプラグインです。Content A…

-WordPressプラグイン

執筆者:

関連記事

Shotcodes Ultimateはショートコードで記事を装飾できる

「Shotcodes Ultimate」は記事を装飾できるようにしてくれるプラグインです。インストールして有効化すれば、編集画面に「ショートコードを挿入」ボタンがビジュアル・テキスト両編集モードに示さ …

RedirectionはURLをリダイレクトしてくれる

RedirectionはURLをリダイレクトしてくれるプラグインです。リンク切れがあると訪問者に対しても、クローラーに対しても(SEOにも)悪影響を与えます。

metaタグ(title・discription)を編集できる

WordPressのプラグインを利用するとSEOの基本と言えるmetaタグの編集が容易にできます。metaタグは本来ページに関連する情報をブラウザやクローラーに正しく伝えるためのタグで、headタグ内 …

KB Robots.txtはrobots.txtを編集できる

「KB Robots.txt」は検索エンジン用のrobots.txtを作成するプラグインです。robots.txtは検索エンジンのクローラーのページへのアクセスを制限(アクセスを許可/許可しない)する …

プラグインのエラーが発生した時の回復方法

WordPressプラグインはエラーを起こしてしまうことがあります。エラーによっては更新中のプラグインが利用できなくなるだけではなく、WordPressにログインできなくなったりWEBサイトが表示され …