All in One SEO Pack(WordPressプラグイン)のカスタム投稿設定

All in One SEO Pack(WordPressプラグイン)のカスタム投稿設定

All in One SEO Pack の「カスタム投稿設定」では、カスタム投稿を利用する場合に投稿と同じようにSEOの設定ができるようにするものです。「All in One SEO Pack」はその他にも記事ごとにタイトルやディスクリプション(抜粋)を細かく指定でき、SEOに重要な部分を一括して管理することができます。検索エンジンでの上位表示を狙うためだけではなく、メタタグを記事ごとに細かく設定することで検索エンジンの検索結果に表示される内容をユーザーにも最適化することができます。

All in One SEO Packの概要

「All in One SEO Pack」を利用すると記事ごとにタイトルやディスクリプション(抜粋)を細かく指定でき、SEOに重要な部分を一括して管理することができます。検索エンジンでの上位表示を狙うためだけではなく、メタタグを記事ごとに細かく設定することで検索エンジンの検索結果に表示される内容をユーザーにも最適化することができます。その他にGoogleガイドラインで推奨されているメタ要素やXML Sitemapを扱うことができるようにもなっています。

WordPress.org All in One SEO Pack
バージョン4.1.5.2
最終更新日2週間前
有効インストール3百万以上
WordPress バージョン4.9以上
検証済バージョン5.8.2
PHP バージョン5.4以上
All in One SEO Packの概要 2021年12月

All in One SEO Pack がAIOSEO としてバージョンアップ

SEOの定番 All in One SEO Pack がAIOSEO としてバージョンアップされました。AIOSEO では、ページタイトルの書き方が変更されています。ページタイトルは検索結果に表示される大切なものですので、「AIOSEO」でしっかり記述しておきましょう。

>>続きを読む

All in One SEO Packの「カスタム投稿設定」

カスタム投稿を設定している場合に「All in One SEO Pack」を適用させるには「カスタム投稿用のSEO」を有効にする必要があります。「カスタム投稿設定」では「カスタム投稿用のSEO」、「SEOを行う投稿タイプ」、「詳細設定」を設定することになります。

設定項目内容
カスタム投稿用のSEOカスタム投稿タイプでAll in One SEO Packを利用するものを有効にします
SEOを行う投稿タイプ投稿・固定ページ・メディアなどのSEOをする場合はチェックボックスをチェックします
詳細設定有効にするとカスタムタイトルを変更できるようになります
カスタム投稿タイプの列ラベルを表示どの画面にSEOタイトルやSEOキーワードのラベルを表示するかを選ぶことができます。利用しないものはチェックをしなくても問題ありません。よく利用されるのは、固定ページ、投稿などです
All in One SEO Packの「カスタム投稿設定」

チェックが入れられたページには「All in One SEO Pack」の設定枠が表示され入力できるようになります。

WordPressプラグイン「All in One SEO Pack」の「カスタム投稿設定」では、カスタム投稿を利用する場合に投稿と同じようにSEOの設定ができるようにするものです。All in One SEO Packはその他にも記事ごとにタイトルやディスクリプション(抜粋)を細かく指定でき、SEOに重要な部分を一括して管理することができます。検索エンジンでの上位表示を狙うためだけではなく、メタタグを記事ごとに細かく設定することで検索エンジンの検索結果に表示される内容をユーザーにも最適化することができます。

プラグインの注意点

プラグインの多用は表示速度やメンテナンス性などに影響を与えるので必要なものに留める方が良いようです。また、インストールするサーバ環境や干渉、テーマとのマッチングの問題も発生します。

プラグインとは機能を拡張するためのツールです。コアは、柔軟性を保つため、不必要なコードでふくれあがってしまわないように設計されています。ユーザーそれぞれが特定のニーズに合ったものを利用して、カスタム機能を取り入れられるように作られています。

WordPress Codex日本語版(公式オンラインマニュアル)
メリットデメリット
必要な機能を簡単に導入することができる数が多くなると、サイトが重くなる
管理画面だけで柔軟に対応できる数が多くなると、管理しきれなくなる
難易度の高いコーディングをしなくてすむ他と競合したり、バグがあったりするものもある
アップデートに伴い、アップデートがかかり、対応してくれるサポートが途中で終わるものもある
プラグイン導入のメリット・デメリット