WordPressの記事のSEOは書き始める前にキーワードを選定する

この記事はプロモーションが含まれています。
WordPressの記事のSEOは書き始める前にキーワードを選定する

記事を書き始める前にキーワードを選定

WordPressの記事を書き始める前にキーワードを選定しておきましょう。キーワードは、SEO(検索エンジン最適化)を行う上で、非常に重要な要素の1つです。検索エンジンからユーザーをサイトに集客させるためには、必ずSEOキーワード対策をする必要があります。Googleは、検索されたSEOキーワードに合致する語句・ユーザーが求める良質なコンテンツを表示するために、コンテンツから解析して、その検索順位を決めています。

SEOとは、「検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)」の頭文字を取った略称で、検索エンジンにページ内容を正確に理解・評価してもらうようにHTMLコーディングやコンテンツでページを最適化し、検索順位向上を目指すことです。

キーワードを選定

WordPressの記事のSEOは書き始める前にキーワードを選定する

質の高い記事やノウハウがあっても、キーワードの選定ができていなければ、ユーザーに情報を届けることはできなくなります。「キーワード選定」とは、SEO施策を行う「単語」や「文章」を選ぶことです。適切なキーワードを選定することでユーザーの獲得につながるため、非常に大切なものだと言えます。

キーワードを選定するには、検索に利用されて回数や上位表示できるかの難易度、関連性を考慮して選定すると良いでしょう。この作業にはオンラインで提供されているSEOツールを利用するのがおすすめです。

キーワードは非常に大切ではありますが、コンテンツの質(ユーザーにとって有益な情報を高く評価・訪問者の悩みとか質問に答える情報になっているか)が最も重要です。選定したキーワードを高品質の情報にするように心がけましょう。

WordPressの記事のSEOは書き始める前にキーワードを選定する

キーワード検索数 チェックツール

検索に利用されるキーワードを予測

集客を目的とする記事を書くなら記事のキーワードを決めてから書くことは基本と言えます。もちろん、検索エンジンからの流入が必要でないならキーワード意識する必要はないでしょう。しかし、検索エンジンは無料で安定した訪問者を提供してくれます。そのため、検索エンジンで利用されているキーワードの検索数を予測し記事を書くことは集客数を伸ばすことにもなります。

WordPressの記事のSEOは書き始める前にキーワードを選定する

SEOキーワード難易度を無料で確認

キーワードの難易度を調べる

キーワード難易度は、同一キーワードの競合サイトの数と関連します。競合サイトの数が多いほど、必然的に検索結果の上位に表示されることが難しくなります。特に検索回数が多いキーワードは、上位表示されると多くの訪問者を獲得出来る可能性が高いことから、ブログ・サイト運営者の多くはそのキーワードを狙ってSEOをしています。その結果競合が多くなり、難易度が高くなってきます。

キーワード難易度チェックSEOツールを使ってSEOの難易度をチェック。キーワード難易度は、同一キーワードの競合サイトの数と関連します。競合サイトの数が多いほど、必然的に検索結果の上位に表示されることが難しくなります。特に検索回数が多いキーワードは、上位表示されると多くの訪問者を獲得出来る可能性が高いことから、ブログ・サイト運営者の多くはそのキーワードに狙ってSEOをしています。その結果競合が多くなり、難易度が高くなってきます。

WordPressの記事のSEOは書き始める前にキーワードを選定する

共起語

関連性のあるキーワード(共起語)を見つける

共起語とは、検索クエリに合わせて頻繁に出現するワードのことをいいます。この共起語は、記事作成において重要視されていて、ユーザーの検索意図を盛り込んだ記事を作る際に活用するワードといわれています。では、なぜ共起語を意識したコンテンツ作りの必要があるのでしょうか。過去の検索エンジンはキーワードの出現率からどんなコンテンツなのかを判断していました。これにはキーワード詰め込みをしたページが上位に表示されてしまうという問題が発生しました。そこでページの内容や意味を理解しながら情報を収集するシステムが開発されることになりました。このシステムに対応させるには、共起語によりページ内の関連性を強め、キーワードの方向性を示す必要が出たのです。

共起語(読み方:「きょうきご」)とは、あるキーワードが含まれた文章コンテンツの中に、そのキーワードと一緒に頻繁に出てくる単語のことです。 たとえば、「たらこスパゲティ」というキーワードなら、「レシピ」「簡単」「作り方」が同じ文章の中に出てくる可能性が高い単語として位置づけられます。それが共起語です。共起語は、Googleが特定のWebコンテンツの専門性や情報網羅性を判断する際の1つの要素になっていると見られ、共起語を適切に使用することでコンテンツを上位表示させることに役立ちます。