ブログカードを生成するWordPressプラグイン【Pz-LinkCard】

この記事はプロモーションが含まれています。

Pz-LinkCard

Pz-LinkCardはURLを指定するとブログカード形式で表示してくれるWordPressプラグインです。外部リンクと内部リンクでカードの色や新しくウインドウを開くか細かく設定することができます。WordPressにも標準で内部リンク(自サイトのみ)に対応するブログカード機能がありますが、「Pz-LinkCard」のように細かく設定をすることはできません。

Screenshot of ja.wordpress.org

Pz-LinkCard

WordPressデフォルトリンクカードは原則サイト内部のリンクになっています。そのためブラウザの新規タブでリンクを開くことはできません。Pz-LinkCardを利用すれば、外部リンクを新規タブで開くことができたり、カードのデザインを変更してブログに合わせたりすることができます。

プラグイン名Pz-LinkCard
バージョン2.5.3
有効インストール30,000+
WordPressバージョン5.7以上
検証済みバージョン6.4.3
PHPバージョン7.0以上
Pz-LinkCard

ブログカードは簡単に内部・外部リンクを見栄えよく設置できますが、ページ内に多く貼り付けると、表示速度が遅くなったり、アドセンス広告表示していたりすると広告と勘違いされてしまうこともあるようです。ブログカードのポイントは次の点です。

1.広告ではなく内部リンクとハッキリわかるデザインにする
2.押したくなるアイキャッチ画像にする

WordPressのブロックエディタ(Gutenberg)でブログカードを表示させる

WordPressはデフォルトでサイト内のページをブログカードとして表示することができるようになっています。関連する記事などをURLを記述することで、カード形式で表示してくれます。

使い方

Pz-LinkCardのインストールが完了するとダッシュボードの設定に「Pz カードの設定」が追加されます。カードの書式を選択方式で選ぶのとショートコードについての設定ができるようになっています。
Pz-LinkCardを投稿や固定ページに表示するには、編集画面に「リンクカード」ボタンが追加されるのでカードを埋め込みたい場所でボタンをクリックします。ショートコードの先頭部が表示され、後はURLを貼りつけショートコード閉じるボタンをクリックすれば完了です。

Pz-LinkCardを使うための設定は以下の項目が1画面で設定できるようになっています。

  • 簡単書式設定
  • ショートコード
  • 表示設定
  • 文字設定
  • 外部リンク
  • 内部リンク
  • 同ページへのリンク
  • 画像取得API
  • リンク先のチェック
  • 詳しい人用
  • 初期化

Pz-LinkCard の設定を行うには、ダッシュボードから設定 → Pzカード設定と進めます。

設定項目内容
簡単書式設定カードの書式を選択することができます。Pzリンクカード標準書式、シンプル、スクエア、他で全17種類のなかからテーマに合ったものを選ぶことができます。
ショートコードPzリンクカードを表示するために使用するショートコードを設定することができます。
表示設定「Blockquoteタグを使用する」にチェックをするとカードがBlockquoteタグで囲まれます。
「カード全体をクリック」にチェックをするとカードのどこをクリックしてもリンクを開くようになります。
Pz-LinkCard の設定

「ブログカード」とは、ブログに掲載したい記事のタイトルや概要、アイキャッチ画像などを読みやすくまとめて表示する埋め込み形式です。 はてなブログで「リンク挿入」機能を利用する際に、さまざまな Webページを、タイトルや概要がコンパクトにまとまった ブログカードの形式で埋め込むことができます。

WordPressプラグインのメリットとデメリット

WordPressプラグインのメリットとデメリット

WordPress最大の特徴の一つとして「プラグイン」があります。標準のWordPressにはない機能(プログラム)が「プラグイン」という形で配布されており、それらを追加インストールする事によって、Webサイトに様々な拡張機能を持たせる事が出来ます。しかしながら、プラグインやテーマとのマッチング、プラグイン同士の相性で不具合が発生することもあります。また、数多くのプラグインを利用する表示速度に影響を与えたり、悪意のあるプログラムが含まれたものもあり注意が必要です。

メリットデメリット
必要な機能を簡単に導入することができる数が多くなると、サイトが重くなる
管理画面だけで柔軟に対応できる数が多くなると、管理しきれなくなる
難易度の高いコーディングをしなくてすむ他のプラグインと競合したり、バグがあったりするものもある
アップデートに伴い、プログラムの更新がされ対応してくれるサポートが途中で終わることがある
プラグイン導入のメリット・デメリット

そして、最も注意したいのは、WordPressのコアプログラム(PHPのバージョンアップ)の進化等によってプラグインが利用できなくなることもあります。このようなリスクを避けたいのであれば、最初から機能が組み込まれている有料テーマの利用、バックアップ機能や高速かつセキュリティに対応したレンタルサーバーの利用が推奨されます。

プラグインのエラーを回復

プラグインのエラーは更新中に発生することが多く、画面が真っ白になったりします。プラグインが利用できなくなるだけではなく、WordPressにログインできなくなったりWEBサイトが表示されなくなったりすることもあります。プラグインの更新中は自動的にメンテナンスモードになりサイトにアクセスできなくなります。更新が終了すれば自動的にメンテナンスモードが解除されアクセスできるようになっていますが、更新中に何らかの原因で失敗してしまうとメンテナンスモードが解除されずアクセスできないといった状態になるわけです。>> プラグインのエラーを回復する方法