Head Cleaner ソースを高速化するWordPressプラグインの使い方

Head Cleanerはソースを高速化するWordPressプラグイン

Head Cleaner はソースを最適化してSEOにとって必要な表示速度を高速化してくれます。CSSとJavaSceiptをコンパクトに最適化してくれます。HEAD内のJavaScript・CSSの整理・統合・フッターへの移動ができます。ページ表示速度は影響が少ないとはとはいえ、Googleが重要視していることは公表されています。

このプラグインは、WordPressの最新の3つのメジャーリリースではテストされていません。それはもはや維持またはサポートされていない可能性があり、WordPressのより新しいバージョンで使用すると互換性の問題が発生する可能性があります。

Head Cleaner の概要

WordPress.orgHead Cleaner
バージョン1.4.4
最終更新5年前
有効インストール9000+
WordPressバージョン2.5以上
検証済みバージョン4.4.26
Head Cleaner の概要 2022年1月現在
  1. ページのソースを最適化し表示速度を最適化してくれる
  2. 高速化を確認するには、GoogleのPageSpeed Insightsで確認できます。

Head Cleaner の使い方

ソースを最適化するにはまず、CSSとJavaScriptをサーバ上にキャッシュするにチェックを入れ、以下設定をします。

Head Cleaner の使い方
Head Cleaner の使い方
  1. CSSとJavaScriptをサーバー上にキャッシュする
  2. javascriptをフッタ領域に移動させてソースの軽量化を図ります
  3. JavaScriptライブラリーを組み込む
  4. ページの重複を防ぐ効果のあるメタタグを追加

表示が遅いスマホサイトは評価が下がり、順位が下がってしまう可能性があります。これはスマートフォンからの検索でデスクトップからの検索ではあまり影響がありません。Googleはデスクトップとスマートフォンのインデックスを分けずに共通のインデックスを使用しています。にもかかわらず検索結果が異なることになっています。(検索ユーザーの場所や端末によってこの現象は起こります。)自社ターゲットユーザーのスマートフォン利用率が高い場合、SEO担当者はスマートフォンでのランキングチェックなど行っておくべきかもしれません。PCでのエミュレーターでは正しい順位を知ることはできません。モバイル端末を使って調査してください。

ページ表示スピードをチェック

Google Developerが提供するウェブページ表示チェックツール、チェックしたいURLを入力し分析ボタンをクリックするだけです。WordPressは、ページを表示する際に、データベースから動的にコンテンツを取ってくる仕組みになっています。そのため、静的なページと比べると、大幅に遅くなってしまいます。

分析結果には表示スピードと修正内容が表示されます、状況に応じて修正をすることになります。
高速化を可能にするプラグインは多く公開されていますが、サーバーやバージョンと構築環境によっても左右されます。トライアンドトライで探し出すことが必要になります。
Google Developerが提供するウェブページ表示チェックツール、チェックしたいURLを入力し分析ボタンをクリックするだけです。WordPressは、ページを表示する際に、データベースから動的にコンテンツを取ってくる仕組みになっています。そのため、静的なページと比べると、大幅に遅くなってしまいます。分析結果には表示スピードと修正内容が表示されます、状況に応じて修正をすることになります。

Head Cleaner の注意点

Head Cleaner の注意点は、テーマなどによって効果がでないケースもあることです。チェックツールなどを使って確認しながら有効化してください。生成したJavaScriptとCSSコードに変更を加えるので、JavaScriptやCSSが正常に動作しなくなる場合もあります。その場合は、設定でフィルタの対象外に設定することで回避できます。

Head Cleaner のインストールや更新時エラーの対処

Head Cleaner をインストールするには、ダッシュボード → プラグイン → 新規追加 → 検索 → Head Cleaner で検索 → インストール → 有効

Head Cleaner のインストール
Head Cleaner のインストール

エラーの対処

インストール時や更新時にエラーを起こしてしまうことがあります。エラーによってはサイトが表示できなくなるだけではなく、ログインできなくなったりWEBサイトを利用できなくなったりすることもあります。

更新中は自動的にメンテナンスモードになりサイトにアクセスできなくなります。更新が終了すれば自動的にメンテナンスモードが解除されアクセスできるようになっています。更新中に何らかの原因で失敗してしまうとメンテナンスモードが解除されずアクセスできないといった状態になるわけです。

エラーが発生した時の回復方法

プラグインの注意点

メリットデメリット
必要な機能を簡単に導入することができる数が多くなると、サイトが重くなる
管理画面だけで柔軟に対応できる数が多くなると、管理しきれなくなる
難易度の高いコーディングをしなくてすむ他と競合したり、バグがあったりするものもある
アップデートに伴い、アップデートがかかり、対応してくれるサポートが途中で終わるものもある
プラグイン導入のメリット・デメリット

プラグインとは機能を拡張するためのツールです。コアは、柔軟性を保つため、不必要なコードでふくれあがってしまわないように設計されています。ユーザーそれぞれが特定のニーズに合ったものを利用して、カスタム機能を取り入れられるように作られています。プラグインの多用は表示速度やメンテナンス性などに影響を与えるので必要なものに留める方が良いようです。また、インストールするサーバ環境や干渉、テーマとのマッチングの問題も発生します。

WordPress Codex日本語版(公式オンラインマニュアル)

WordPressは幅広くCMSとして幅広く利用されていますが、利用時には以下の点を考慮したサーバーを利用したいものです。

  • WordPressをかんたんセットアップできる独自機能
  • サイトコピー機能で、ワンクリックでサイトの複製ができる
  • 移行ツールで他社サーバーからの乗り換えができる
  • WordPress移行代行サービス等の安心できるサポートがある