WordPressプラグイン

Head Cleanerはソースを最適化してくれる

投稿日:2018年1月15日 更新日:

「Head Cleaner」はWordPressののソースを最適化してSEOにとって必要な表示速度を高速化してくれるプラグインです。CSSとJavaSceiptをコンパクトに最適化してくれます。HEAD内のJavaScript・CSSの整理・統合・フッターへの移動ができます。ページ表示速度は影響が少ないとはとはいえ、Googleが重要視していることは公表されています。表示速度が遅いとランキングに影響を与えてしまうこともあるので注意が必要です。

Head Cleanerはソースを最適化してくれる

Head Cleanerの概要

  1. Head Cleaner
  2. ページのソースを最適化して表示速度を最適化してくれる
  3. https://wordpress.org/plugins/head-cleaner/
  4. 無償
  5. 高速化を確認するには、GoogleのPageSpeed Insightsで確認できます。
  6. インストールは、ダッシュボード → プラグイン → 新規追加 → Head Cleanerで検索 → インストール

「Head Cleaner」の使い方

ソースを最適化するにはまず、CSSとJavaScriptをサーバ上にキャッシュするにチェックを入れ、以下設定をします。

  1. CSSとJavaScriptをサーバー上にキャッシュする
  2. javascriptをフッタ領域に移動させてソースの軽量化を図ります
  3. JavaScriptライブラリーを組み込む
  4. ページの重複を防ぐ効果のあるメタタグを追加

表示が遅いスマホサイトは評価が下がり、順位が下がってしまう可能性があります。これはスマートフォンからの検索でデスクトップからの検索ではあまり影響がありません。Googleはデスクトップとスマートフォンのインデックスを分けずに共通のインデックスを使用しています。にもかかわらず検索結果が異なることになっています。(検索ユーザーの場所や端末によってこの現象は起こります。)

自社ターゲットユーザーのスマートフォン利用率が高い場合、SEO担当者はスマートフォンでのランキングチェックなど行っておくべきかもしれません。PCでのエミュレーターでは正しい順位を知ることはできません。モバイル端末を使って調査してください。

▶ ページ表示スピードをチェック

Google Developerが提供するウェブページ表示チェックツール、チェックしたいURLを入力し分析ボタンをクリックするだけです。WordPressは、ページを表示する際に、データベースから動的にコンテンツを取ってくる仕組みになっています。そのため、静的なページと比べると、大幅に遅くなってしまいます。

  • PageSpeed Insights
  • https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/
  • Google

分析結果には表示スピードと修正内容が表示されます、状況に応じて修正をすることになります。

高速化を可能にするプラグインは多く公開されていますが、サーバーやWordPressのバージョンと構築環境によっても左右されます。トライアンドトライで探し出すことが必要になります。

Google Developerが提供するウェブページ表示チェックツール、チェックしたいURLを入力し分析ボタンをクリックするだけです。WordPressは、ページを表示する際に、データベースから動的にコンテンツを取ってくる仕組みになっています。そのため、静的なページと比べると、大幅に遅くなってしまいます。

分析結果には表示スピードと修正内容が表示されます、状況に応じて修正をすることになります。

「Head Cleaner」の注意点

他のプラグインやテーマなどによって効果がでないケースもあります。チェックツールなどを使って確認しながら有効化してください。他のプラグインが生成したJavaScriptとCSSコードに変更を加えるので、他のプラグインのJavaScriptやCSSが正常に動作しなくなる場合もあります。その場合は、プラグインの設定でフィルタの対象外に設定することで回避できます。

※関連の記事

Head Cleanerはソースを最適化してくれる

Head, Footer and Post InjectionsはGoogle AdSense 審査コードを貼りつけれる

Head, Footer and Post InjectionsはGoogle AdSense 審査コードを貼りつけれるプラグインです。Google AdSenseの審査コードなどHEADタグ内に貼りつけたいコードがあるとき、テーマに直接記述してしまうとア…

Head Cleanerはソースを最適化してくれる

Speech bubbleは吹き出し会話風ページを簡単に作れる

Speech bubbleは吹き出し会話風ページを簡単に作れるプラグインです。会話内容を記述したショートコードを埋め込むことで簡単に会話風ページを作ることができます。 Speech bubbleの概要 【名称】Speech bubble 【機能】吹き出し会…

Head Cleanerはソースを最適化してくれる

Attachment Taxonomiesはメディアをカテゴリー分けできる

Attachment Taxonomiesはメディアをカテゴリー分けできるプラグインです。WordPressは画像などのメディアを一覧で管理することができるのですが、多くなってくると探すのに一苦労します。Attachment Taxonomiesを使えばカ…

Head Cleanerはソースを最適化してくれる

Content Aware Sidebarsはカテゴリーごとにサイドメニューを切り替える

Content Aware Sidebarsはカテゴリーごとにサイドメニューを切り替えてくれるプラグインです。Content Aware Sidebarsをインストールするメリットは、ページボリュームが多いサイトでカテーゴリーも多種に至っている場合関連する…

Head Cleanerはソースを最適化してくれる

Cool Tag Cloudはカテゴリーやタグを見やすく表示する

Cool Tag Cloudはカテゴリーやタグを見やすく表示してくれるプラグインです。WordPressデフォルトのカテゴリーやタグのウィジェット表示はテキスト表示だけのことも多く、CSSをカスタマイズをするには敷居が高いこともあります。プラグインCool…

Head Cleanerはソースを最適化してくれる

Intuitive Custom Post Orderは記事を並び替えることができる

Intuitive Custom Post Orderは記事の順番をドラッグ&ドロップの簡単な操作で並び替えることができるようにしてくれるプラグインです。固定ページはページ属性の並び順によって並び替えることができるのですが、投稿にはこの機能が残念ながらあり…

Head Cleanerはソースを最適化してくれる

Ultimate Category Excluderは任意のカテゴリー記事一覧を非表示にしてくれる

Ultimate Category Excluderは任意のカテゴリー記事一覧を非表示にしてくれるプラグインです。Ultimate Category Excluderの使い方は簡単で除外したいカテゴリを選択するだけで、すべての作業を自動的に行います。 Ul…

Head Cleanerはソースを最適化してくれる

Add Quick Tagにショートコードやタグを登録してクイック編集

Add Quick Tagはショートコードやタグ、定型的な文章を登録してクイック編集ができるようにしてくれるプラグインです。Add Quick TagはWordPress編集画面(ビジュアルモードやHTML)でよく使うタグやショートコード追加することができ…

Head Cleanerはソースを最適化してくれる

VK All in one Expansion UnitはLightning以外でも使える

VK All in one Expansion Unitは株式会社ベクトルが提供するプラグインです。VK All in one Expansion UnitはWordPressのテーマLightningから機能を分離されたもので、他のテーマでも利用すること…

Head Cleanerはソースを最適化してくれる

Enjoy Instagramはインスタグラムを自動で貼り付けてくれる

Enjoy Instagramはインスタグラムで撮った画像を自動で記事に貼り付けることができます。インスタグラムで撮った画像を見てもらうには記事に貼りつければいいのですが、1つ1つEmbed Codeを貼り付けるのは面倒なものです。Enjoy Instag…

-WordPressプラグイン

執筆者:

関連記事

Easy FancyBoxは画像を拡大ポップアップすることができる

Easy FancyBoxは記事の中の画像をポップアップしてくれるWordPressプラグインです。製品などの画像を拡大表示して表示したいことがあります。JavaScriptなどを利用する方法もありま …

Child Pages Shortcodeは子ページを一覧表示する

「Child Pages Shortcode」は固定ページの子ページを親ページに一覧表示してくれるプラグインです。親ページに子ページのリンクを設置する作業は結構大変ですが、「Child Pages Shortcode」を使うと固定ページに簡単なショートコードを入力するだけで子ページの一覧を出力することができます。

Insert Pagesは共通する文章を埋め込む

「Insert Pages」は、共通する文章(コンテンツ)を複数のページにショートコードで埋め込むことができるプラグインです。製品やサービスページに共通する文章や画像などのページを作り、他のページに埋 …

Autoptimizeはスクリプトを集約し高速表示してくれる

「Autoptimize」はWordPressのプログラムソースコードを最適化してページの表示速度を高速化してくれるプラグインです。WordPressはシステム的にページを掃き出すため、プラグインのイ …

Easy Table of Contentsは目次を自動で作ってくれる

Easy Table of Contentsは投稿や固定ページに「見出しタグ h1 ~ h6」を元に自動で「目次」を作成して表示してくれます。Easy Table of Contentsは目次を投稿や固定ページ、カスタム投稿タイプにも挿入することが出来ます。