プラグイン

Head Cleaner(WordPressプラグイン)はソースを最適化してくれる

更新日:

「Head Cleaner」はWordPressののソースを最適化してSEOにとって必要な表示速度を高速化してくれるプラグインです。CSSとJavaSceiptをコンパクトに最適化してくれます。HEAD内のJavaScript・CSSの整理・統合・フッターへの移動ができます。ページ表示速度は影響が少ないとはとはいえ、Googleが重要視していることは公表されています。表示速度が遅いとランキングに影響を与えてしまうこともあるので注意が必要です。

Head Cleanerの概要

  1. Head Cleaner
  2. ページのソースを最適化して表示速度を最適化してくれる
  3. https://wordpress.org/plugins/head-cleaner/
  4. 無償
  5. 高速化を確認するには、GoogleのPageSpeed Insightsで確認できます。
  6. インストールは、ダッシュボード → プラグイン → 新規追加 → Head Cleanerで検索 → インストール

「Head Cleaner」の使い方

ソースを最適化するにはまず、CSSとJavaScriptをサーバ上にキャッシュするにチェックを入れ、以下設定をします。

  1. CSSとJavaScriptをサーバー上にキャッシュする
  2. javascriptをフッタ領域に移動させてソースの軽量化を図ります
  3. JavaScriptライブラリーを組み込む
  4. ページの重複を防ぐ効果のあるメタタグを追加

表示が遅いスマホサイトは評価が下がり、順位が下がってしまう可能性があります。これはスマートフォンからの検索でデスクトップからの検索ではあまり影響がありません。Googleはデスクトップとスマートフォンのインデックスを分けずに共通のインデックスを使用しています。にもかかわらず検索結果が異なることになっています。(検索ユーザーの場所や端末によってこの現象は起こります。)

自社ターゲットユーザーのスマートフォン利用率が高い場合、SEO担当者はスマートフォンでのランキングチェックなど行っておくべきかもしれません。PCでのエミュレーターでは正しい順位を知ることはできません。モバイル端末を使って調査してください。

▶ ページ表示スピードをチェック

Google Developerが提供するウェブページ表示チェックツール、チェックしたいURLを入力し分析ボタンをクリックするだけです。WordPressは、ページを表示する際に、データベースから動的にコンテンツを取ってくる仕組みになっています。そのため、静的なページと比べると、大幅に遅くなってしまいます。

  • PageSpeed Insights
  • https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/
  • Google

分析結果には表示スピードと修正内容が表示されます、状況に応じて修正をすることになります。

高速化を可能にするプラグインは多く公開されていますが、サーバーやWordPressのバージョンと構築環境によっても左右されます。トライアンドトライで探し出すことが必要になります。

Google Developerが提供するウェブページ表示チェックツール、チェックしたいURLを入力し分析ボタンをクリックするだけです。WordPressは、ページを表示する際に、データベースから動的にコンテンツを取ってくる仕組みになっています。そのため、静的なページと比べると、大幅に遅くなってしまいます。

分析結果には表示スピードと修正内容が表示されます、状況に応じて修正をすることになります。

「Head Cleaner」の注意点

他のプラグインやテーマなどによって効果がでないケースもあります。チェックツールなどを使って確認しながら有効化してください。他のプラグインが生成したJavaScriptとCSSコードに変更を加えるので、他のプラグインのJavaScriptやCSSが正常に動作しなくなる場合もあります。その場合は、プラグインの設定でフィルタの対象外に設定することで回避できます。

-プラグイン

Copyright© エス・ティ・セブン有限会社 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.