「WP HTTP Compression」はgzip圧縮で高速化するプラグイン

更新日:

「WP HTTP Compression」はgzip圧縮で高速化するプラグイン

「WP HTTP Compression」は、ページ全体をgzip圧縮してブラウザに読み込ませて表示を高速化してくれるプラグインです。「WP HTTP Compression」は、ページ全体をgzip圧縮してブラウザに読み込ませて表示速度を速くしてくれます。gzipを使用して圧縮することで、ネットワークで送信されるバイト数を減らすことができます。htmlやjavascriptやcssはもともとテキストファイルなので、gzip圧縮を有効にすることでファイルの転送量を削減することができます。ページ表示速度が遅い場合には検索ランキングに影響することはGoogleからも発表されています。

「WP HTTP Compression」

  1. 「WP HTTP Compression」
  2. ブラウザが圧縮をサポートしている場合、WordPressブログがgzip 形式で圧縮されたページを出力できるようにします。
  3. ライセンスは無償
  4. インストールは、ダッシュボード → プラグイン → 新規追加 → WP HTTP Compressionで検索 → インストール
  5. 高速化を確認するには、 GoogleのPageSpeed Insightsで確認
  6. このプラグインは2年以上更新されていません。確認の上利用してください。
  7. 必須WordPressバージョンは3.4.1
  8. 検証済みバージョンは2.9.2
  9. アクティブインストール数は4,000+
  10. テーマによってはあらかじめデフォルトとして機能しているケースがあります。事前にGIDZipTest: Web Page Compression等でチェックしましょう

ページを高速化・最適化するプラグインは使用中のテーマや他のプラグインの緩衝で得られる効果が異なることがあります。PageSpeed Insightsなどで数値を確認しながら導入するようにしてください。

WP HTTP Compressionrの使い方

インストールして有効化すれば完了です。PageSpeed Insightsを使って高速表示されているかを確認してみましょう。数値的変化は少なめですの場合もあります。そんな場合は、HTML,CSS,JavaScriptを最適化するプラグインと組み合わせると変化することもあります。組み合わせることで数値の変化にも差が出るようです。しかし、変化のでないサイトもあります。テーマやその他に影響されることもあるようですので確認してみてください。

テーマによってはデフォルトで搭載されている場合もあります。事前にgzip圧縮チェックサイトなどでチェックしてください。下記サイトで※URLを入力してcheckボタンをクリックするとチェックできます。

※サイトが圧縮されているかどうか確認することができます。

「WP HTTP Compression」のインストールや更新時エラーの対処

「WP HTTP Compression」をインストールするには、ダッシュボード → プラグイン → 新規追加 → 検索 → 「WP HTTP Compression」で検索 → インストール → 有効

プラグインはインストール時や更新時にエラーを起こしてしまうことがあります。エラーによってはサイトが表示できなくなるだけではなく、WordPressにログインできなくなったりWEBサイトを利用できなくなったりすることもあります。

エラー:メンテナンスモードが消えない

更新中は自動的にメンテナンスモードになりサイトにアクセスできなくなります。更新が終了すれば自動的にメンテナンスモードが解除されアクセスできるようになっています。更新中に何らかの原因で失敗してしまうとメンテナンスモードが解除されずアクセスできないといった状態になるわけです。対処としては次の2つが代表的なものになっています。

対処1「.maintenance」を削除

更新中は「.maintenance」というファイルが作成されメンテナンスモードに入ります。更新が成功しているのに解除されない場合はこのファイルを削除してやれば解除されサイトが表示されるようになります。 まず、FTPソフトを使ってWordPressをインストールしたフォルダにアクセスします。次に、「.maintenance」というファイルが作成されているはずなのでこのファイルを削除します。これで作業は終了しメンテナンスモードが解除されました。

  1. FTPソフトでWordPressインストールフォルダにアクセス
  2. ルート直下の「.maintenance」を削除する
  3. 管理画面からは操作できない
対処2プラグインを削除

「.maintenance」ファイルがないのにサイトが表示されない場合はプラグインを削除してみることです。但し、複雑な設定をしていて影響をしているのか確信が持てない時や複数のプラグインを更新中にエラーが発生して、どれかわからない場合はいきなり削除するのではなくフォルダ名を変更するとよいでしょう。

WordPressインストールフォルダに格納されています。例えば、「WP-Maltibyte Patch」ならば「/wp-content/plugins/wp-multibyte-patch/」となっています。この「/wp-multibyte-patch/」を「/wp-multibyte-patch-back/」とかに変更して状況が改善されるかを確認し、不要と確定した場合に削除するとよいでしょう。

  • FTPソフトでWordPressフォルダにアクセス
  • プラグインフォルダ名を変更してみる
  • エラーの原因プラグインが確定したら削除する
  • 管理画面からは操作できない

プラグインとは

プラグインの多用は表示速度やメンテナンス性などに影響を与えるので必要なものに留める方が良いようです。また、インストールするサーバ環境や干渉、テーマとのマッチングの問題も発生します。

プラグインは、WordPressの機能を拡張するためのツールです。 WordPress のコアは、柔軟性を保つため、不必要なコードでふくれあがってしまわないように設計されています。ユーザーそれぞれが特定のニーズに合ったものを利用して、カスタム機能を取り入れられるように作られています。 WordPress Codex日本語版(公式オンラインマニュアル)

※WordPress Codex日本語版(公式オンラインマニュアル)『WordPress Codex』 とは、オープンソースブログツール・CMS WordPress の公式オンラインマニュアル(ドキュメント)であり、知識の百科事典です。日本語版では、その和訳や日本語ユーザ向けのノウハウ・資料などの情報を Wiki で蓄積・整理して、日本語ユーザー同士で共有しています。コンテンツはいつでも誰でも編集できます。

※関連リンク【WordPress Codex日本語版

プラグインのメリットとデメリット

導入メリットは以下のものでしょうか。

  • 必要な機能を簡単に導入することができる
  • 管理画面だけで柔軟に対応できる
  • 難易度の高いコーディングをしなくてすむ
  • WordPressのアップデートに伴い、アップデートがかかり、対応してくれる

導入には次のようなデメリットもあります。

  • 数が多くなると、サイトが重くなる
  • 数が多くなると、管理しきれなくなる
  • 他のプラグインと競合したり、バグがあったりするものもある
  • サポートが途中で終わるものもある

まとめ

「WP HTTP Compression」は、ページ全体をgzip圧縮してブラウザに読み込ませて表示を高速化してくれるWordPressプラグインです。「WP HTTP Compression」は、ページ全体をgzip圧縮してブラウザに読み込ませて表示速度を速くしてくれます。gzipを使用して圧縮することで、ネットワークで送信されるバイト数を減らすことができます。htmlやjavascriptやcssはもともとテキストファイルなので、gzip圧縮を有効にすることでファイルの転送量を削減することができます。ページ表示速度が遅い場合には検索ランキングに影響することはGoogleからも発表されています。

「WP HTTP Compression」はgzip圧縮で高速化するプラグイン

-プラグイン
-

Copyright© WordPreeの使い方 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.