WordPressプラグイン

WordPress Importerはデータをインポートできる

投稿日:2017年12月20日 更新日:

プラグイン「WordPress Importer」は、記事をXML形式でインポートすることができます。サイトの移行やバックアップなどに利用できる便利なプラグインです。管理画面のツールにはWordPress Importerへのリンクがあります。インポートすることができるのは記事のテキストデータですが、インポート添付ファイルオプションを設定することで、画像等の添付ファイルをインポートすることができます。プラグインやテーマなどは手動で移行することになります。

WordPress Importerはデータをインポートできる

WordPress Importerの概要

  • WordPress Importer
  • エクスポートしたXMLファイルをインポートする
  • https://wordpress.org/plugins/wordpress-importer/
  • ライセンス → 無償

WordPress Importerの使い方

WordPress Importerであらかじめエクスポートしておいたファイルをインポートするには、ダッシュボード → ツール → インポート とすすみ、ファイルを選択します。

WordPress Importerはデータをインポートできる

WordPressエクスポートファイルからから以下のようなコンテンツをインポートすることができます。

  • 投稿・固定ページ・カスタム投稿
  • コメント
  • カスタムフィールドとポストメタ
  • カスタムタクソノミーからカテゴリー、タグ

その他のインポート

WordPressのデータ以外にも以下のデータをインポートすることができます。

  • Blogger → Blogger ブログから投稿やコメント、ユーザーをインポート
  • LiveJournal → LiveJournal から API を利用して投稿をインポート
  • Movable Type と TypePad → Movable Type または TypePad ブログから投稿とコメントをインポート
  • RSS → RSS フィードから投稿をインポート
  • Tumblr → Tumblr から API を利用して投稿とメディアファイルをインポート

WordPress Importerのインストール

WordPress Importerのインストールするにはダッシュボードからプラグイン → 新規追加 → WordPress Importerで検索 → インストールボタンをクリック → 有効化ボタンをクリックし必要な設定を行います。

WordPress Importerはデータをインポートできる

ご利用の環境によってはWordPress Importerをインストールできないことやエラーになることもあります。エラーの対処方法はこちらをお読みください

プラグインに関連する記事

WordPress Importerはデータをインポートできる

Head, Footer and Post InjectionsはGoogle AdSense 審査コードを貼りつけれる

Head, Footer and Post InjectionsはGoogle AdSense 審査コードを貼りつけれるプラグインです。Google AdSenseの審査コードなどHEADタグ内に貼りつけたいコードがあるとき、テーマに直接記述してしまうとア…

WordPress Importerはデータをインポートできる

Speech bubbleは吹き出し会話風ページを簡単に作れる

Speech bubbleは吹き出し会話風ページを簡単に作れるプラグインです。会話内容を記述したショートコードを埋め込むことで簡単に会話風ページを作ることができます。 Speech bubbleの概要 【名称】Speech bubble 【機能】吹き出し会…

WordPress Importerはデータをインポートできる

Attachment Taxonomiesはメディアをカテゴリー分けできる

Attachment Taxonomiesはメディアをカテゴリー分けできるプラグインです。WordPressは画像などのメディアを一覧で管理することができるのですが、多くなってくると探すのに一苦労します。Attachment Taxonomiesを使えばカ…

WordPress Importerはデータをインポートできる

Content Aware Sidebarsはカテゴリーごとにサイドメニューを切り替える

Content Aware Sidebarsはカテゴリーごとにサイドメニューを切り替えてくれるプラグインです。Content Aware Sidebarsをインストールするメリットは、ページボリュームが多いサイトでカテーゴリーも多種に至っている場合関連する…

-WordPressプラグイン

執筆者:

関連記事

WP Multibyte Patchはマルチバイト文字の修正パッチ

WP Multibyte PatchはWordPressのマルチバイト文字の不具合の修正を行うプラグインです。WP Multibyte PatchはWordPressを日本語環境で正しく動作させるため …

AMPはAMP Projectに対応できる

WordPressはプラグインでAMPプロジェクトに対応することが可能です。プラグインを新規追加して有効化すればAMP互換バージョンのページが生成されます。URLは「xxxx.com/contents …

RedirectionはURLをリダイレクトしてくれる

RedirectionはURLをリダイレクトしてくれるプラグインです。リンク切れがあると訪問者に対しても、クローラーに対しても(SEOにも)悪影響を与えます。

Google XML SitemapsはサイトマップをGoogleに送信する

Google XML Sitemapsは、検索エンジン向けのXMLサイトマップを自動で作成してくれるプラグインです。Google,Bing,Yahoo!等の検索エンジン用XMLサイトマップを作成してく …

Post Type Switcherは投稿タイプを変更できる

WordPressのプラグインPost Type Switcherは、固定ページを投稿に、投稿を固定ページに入れ替えることができます。WordPressのページの種別は投稿(Post)と固定ページ(P …