「TinyMCE Template」は雛型が使える

「TinyMCE Template」は雛型が使える

「TinyMCE Template」は記事のテンプレート(ひな型)を作り、埋め込むことができるようにしてくれます。製品やサービス案内ページでは共通する部分も多く、「TinyMCE Template」で効率的な記事ができます。

「TinyMCE Template」の概要

TinyMCE Templateは記事のテンプレート(ひな型)を作り、埋め込むことができるようにしてくれるプラグインです。製品やサービス案内ページでは共通する部分も多くなってきます。そんな時、「TinyMCE Template」は共通する部分をテンプレート(ひな型)として登録して、簡単に記事に埋め込むことができるようにしてくれます。

TinyMCE Templateは記事のテンプレート(ひな型)を作り、埋め込むことができるようにしてくれます。「TinyMCE Template」は共通する部分をテンプレート(ひな型)として登録して、簡単に記事に埋め込むことができるようにしてくれます。

「TinyMCE Template」の概要

  • TinyMCE Template【プラグイン・ディレクトリ】
  • このプラグインでできること「記事のテンプレート(ひな型)を作り、埋め込むことができるようにしてくれる」
  • プラグインの名称「TinyMCE Template」
  • 作者:宮内タカユキ
  • 管理画面の言語は、日本語含む4ケ国語
  • 管理画面の位置は、ダッシュボード → テンプレート
  • 必須WordPressバージョンは、4.0
  • 検証済みバージョンは、4.8.6
  • アクティブなインストール数は、30,000

TinyMCE Templateの使い方

「TinyMCE Template」の使い方は、最初にテンプレート(ひな型)を作り記事にテンプレートを挿入することになります。

TinyMCE Templateの使い方

TinyMCE Templateにテンプレートを登録する

ダッシュボード左側のメニューより「テンプレート」を選びます。

テンプレート(ひな型)の名前を入力し、テンプレートの内容を作成します。

最後に公開ボタンをクリックしてテンプレートは完了です。

TinyMCE Templateのテンプレートを利用する

記事編集画面に「テンプレートを挿入」ボタンが追加されているのでクリックするとポップアップが表示されます。挿入したいテンプレートを選択して「挿入」すれば、記事にテンプレートが挿入されます。

「TinyMCE Template」のまとめ

TinyMCE Templateは記事のテンプレート(ひな型)を作り、埋め込むことができるようにしてくれるプラグインです。製品やサービス案内ページでは共通する部分も多くなってきます。そんな時、「TinyMCE Template」は共通する部分をテンプレート(ひな型)として登録して、簡単に記事に埋め込むことができるようにしてくれます。