TinyMCE Templateは雛型を使えるようにする

TinyMCE Templateは記事のテンプレート(ひな型)を作り、埋め込むことができるようにしてくれるWordPressプラグインです。製品やサービス案内ページでは共通する部分も多くなってきます。そんな時、「TinyMCE Template」は共通する部分をテンプレート(ひな型)として登録して、簡単に記事に埋め込むことができるようにしてくれます。

TinyMCE Template

「TinyMCE Template」の概要です。詳細は公式ページでご確認ください。
  • TinyMCE Template
  • https://wordpress.org/plugins/tinymce-templates/
  • 作者:宮内タカユキ
  • 管理画面の言語は、日本語含む4ケ国語
  • 管理画面の位置は、ダッシュボード → テンプレート
  • 必須WordPressバージョンは、4.0
  • 検証済みバージョンは、4.8.6
  • アクティブなインストール数は、30,000
  • インストールは、ダッシュボード → プラグイン → 新規追加 → プラグインの検索 → プラグインの名前 → インストール

使い方

「TinyMCE Template」の使い方は、最初にテンプレート(ひな型)を作り記事にテンプレートを挿入することになります。

TinyMCE Templateにテンプレートを登録する

ダッシュボード左側のメニューより「テンプレート」を選びます。 テンプレート(ひな型)の名前を入力し、テンプレートの内容を作成します。 最後に公開ボタンをクリックしてテンプレートは完了です。

TinyMCE Templateのテンプレートを利用する

記事編集画面に「テンプレートを挿入」ボタンが追加されているのでクリックするとポップアップが表示されます。挿入したいテンプレートを選択して「挿入」すれば、記事にテンプレートが挿入されます。

インストール

ダッシュボードからプラグイン → 新規追加 → プラグインの名称で検索 → インストールボタンをクリック → 有効化ボタンをクリックし必要な設定を行います。ご利用の環境によってはインストールできないことやエラーになることもあります。エラーの対処方法はこちらをお読みください

関連記事

WordPressのダッシュボードを便利にするプラグイン

WordPressのダッシュボードを使い易くしてくれるプラグインのご紹介です。ダッシュボードに表示されるカラムを並び替えたり、記事に関連するメモを記録したりすることができるようになるものたちです。

アクセス解析ができるWordPressプラグイン

Google Analyticsのアクセス解析をダッシュボードに表示してくれるGoogle Analytics Dashboard for WP、サーバー内に設置し単体で動作させたいならSlimstat Analytics。 プラグイン最新記事

サイトをバックアップするプラグイン

バックアップはWordPressのサイトを運用する上でとても重要なことです。プラグインをインストールしている場合など更新時にエラーをおこしてしまうこともあります。何時、WEBサーバーやデーターベースサーバーが壊れてしまうかわかりません。また、操作を誤ってし…

アフィリエイトサイトのページビュー(PV)を増加させる

アフィリエイトではアクセスアップ(訪問者)は収益確保の必須条件と言えますが、PV(ページ閲覧数)も極めて重要です。せっかく訪問してくれた人を1pvで帰すのはちょっともったいないです。サイトにはキーワードに関連する情報を求めてやってきてくれます。求めている情…

関連記事