WordPressテーマをWellingtonに変更する

WordPressテーマをWellingtonに変更する

このテーマはきれいでシンプルなマガジンテーマで、美しいタイポグラフィーと微妙な色合いが特徴です。テーマには、2つの異なる投稿レイアウト、おすすめ投稿スライダー、およびカスタマイズツールの思いやりのあるテーマ設定が含まれます。コードはSEO向けに最適化されており、Google&Coなどの検索エンジンでのランキングが高くなっています。

Wellington

WordPressテーマをWellingtonに変更する

Wellington

WordPress.orgWellington
バージョン2.1.4
最終更新2021年8月26日
有効インストール7000+
WordPressバージョン5.2以上
PHPバージョン5.6以上
Wellington の概要 2022年1月現在

テーマの変更は比較的簡単に可能で、新しいテーマをインストール&アップロード後有効化すればとりあえずWEBサイトにはなっています。注意したいのは、検索エンジンからの流入を重視している場合、着せ替え後一定期間で流入がダウンすることがあります。着せ替え後のコンテンツの修正が多岐にわたっている場合などはこの現象が顕著に表れることもあります。変更後はアクセス状況に注目し、どんなページ変化が生じているかを分析した方がいいかもしれません。

テーマカスタマイザー

Wellington のテーマカスタマイザー内容は以下の表のようになっています。

サイト基本情報サイトのタイトル
キャッチフレーズ
ヘッダー画像画像を指定(1200 x 280推奨)
背景背景色を指定
メニュー1ケ所の表示位置がある
ウィジェットウィジェットは以下の3ケ所

サイドバー
ヘッダー
マガジンホームページ
テーマ設定一般設定
テーマレイアウト >> 左サイドバー or 右サイドバー

ブログ設定
ブログタイトル
ブログの説明
ブログレイアウト >> 1 or 2カラム
概要の長さ
続きを読むテキスト

投稿設定(利用するならチェック)
Post Details
  日付を表示
  投稿者を表示
個別投稿
  Display Categories
  Display Tags
  Display Previous/next Navigation
 アイキャッチ画像
  Display images on blog and archives
  Display images on Single postos

投稿スライダー
投稿スライダーを有効化

テーマ情報
追加cssスタイルシートを追加します
Wellington のテーマカスタマイザー

インストール

Wellington をインストールするにはダッシュボードから外観 → テーマ → 新規追加 → テーマ名で検索しインストールを開始します。

注意点

※WordPressは世界的にも高いシェアを持っていますが、やはりデメリットもあります。利用時は常に意識しておきましょう。

  • 静的サイトに比べ表示速度が遅い
  • セキュリティに弱い:シェアが大きいからこそハッカーの標的になりやすい
  • エラーが起きやすい:プラグインなどの互換性に注意が必要
  • サポートがない:無料で使えるためサポートデスクがない

テーマを変更する手順

Wellington にテーマを変更するには、管理画面からダウンロードし有効化するという流れになるのですが、いきなり有効化するのは少しリスクがあります。ウイジェットなどはテーマによって取り扱いが異なります、そこで以下の手順で変更されることを推奨します。

  1. 変更前にバックアップする
  2. 寒冷画面・外観 よりテーマディレクトリにアクセスする
  3. ライブプレビューを確認し表示の調整を行う
  4. 有効化して公開
  5. 公開後の確認作業を行う

※ライブプレビューで確認して表示の調整をするには、ダッシュボードの 外観 画面でインストールしたテーマの有効化ボタンの右側 ライブプレビューボタンをクリックします。

WordPressテーマをWellingtonに変更する
Wellington のライブプレビュー

上記画像のようにテーマカスタマイザーによる調整ができるようになります。修正が終わったら左上部の「有効化して公開」ボタンをクリックします。

公開後にはスタイルシートを確認、修正など確認、設定します。以下の点については公開後早期にチェックするようにしましょう。

  • 外部のツールと連携している場合は正しく動作しているか
  • スタイルシートが正しく設定されているか
  • 不要なプラグインを削除する。

WordPressテーマ

WordPressのテーマとは、サイト全体のテンプレートのことです。テーマは複数のファイルの集合体で、デザインなどの内容が一式セットになっています。そのため、テーマを変更すれば複雑な処理を行うことなく、デザインや構成、機能などを変えることができます。テーマは、インターネット上で無料ダウンロードできるものから、有料で販売されているものもあります。自分で作成したテーマをアップロードして使用することも可能です。

WordPressテーマの種類

WordPressには大きく分けると有料テーマと無料テーマの2種類があります。一般的には無料テーマは無償で利用でき、開発者のサイトなどからダウンロードすることで利用できるようになっています。無料で利用できるテーマには、wordpress.orgのテーマディレクトリからダウンロードできる公認テーマもあります。

WordPress公認テーマ

wordpress.orgのテーマディレクトリには役10,000に及ぶテーマがあり自由に選ぶことができます。公認テーマはwordpressによって審査され、安心して利用することができるといえます。半面、デザインや機能は育て上げる面もあり初心者にはハードルが高いかもしれません。サポートはありませんのでwordpress.orgやネットから情報か自力で解決しなければなりません。

無料テーマ

無料とは思えないほど機能やデザインが充実しているテーマもあります。ただ、無料がゆえに途中で更新がストップしたり、開発が終了されることもあります。無料テーマは開発者の宣伝目的や有料版へのステップとして提供されていることもあると認識しておきましょう。

有料テーマ

デザインや機能面に優れサポートも充実しているのが有料テーマの強みです。10000円~20000円前後で入手することができ、WordPressを使って収益を考える副業やビジネスをしたい方にはこちらがよいかもしれません。

テーマの更新

テーマの更新には、機能の追加・変更などのほかに、セキュリティ向上や不具合の修正なども含まれるため、常に最新の状態にアップデートしておくことです。

テーマを更新すると、カスタマイズは初期化してしまいます。更新する度にカスタマイズし直すのは手間がかかるので、「子テーマ」の利用が推奨されています。子テーマを作る理由はテーマを直接カスタマイズしてしまうと、テーマのバージョンアップによって変更した内容が上書きされてしまうからです。子テーマは、親テーマの機能やスタイルを引き継いでいます。子テーマにカスタマイズを加えておけば、テーマを更新した後もカスタマイズした状態をそのまま引き継げます。