WordPressプラグイン

Content Aware Sidebarsはカテゴリーごとにサイドメニューを切り替える

投稿日:2019年5月20日 更新日:

Content Aware Sidebarsはカテゴリーごとにサイドメニューを切り替えてくれるプラグインです。Content Aware Sidebarsをインストールするメリットは、ページボリュームが多いサイトでカテーゴリーも多種に至っている場合関連する情報をメニューで展開でき読んでもらえる可能性が格段に上昇することです。また、サイトの構造がしっかりと設計されているとSEOの効果も出て検索エンジンに上位されることもあります。

Content Aware Sidebarsはカテゴリーごとにサイドメニューを切り替える

Content Aware Sidebarsの概要

  • 【名称】Content Aware Sidebars
  • 【機能】カテゴリーごとにサイドメニューを切り替えて表示できる
  • 【URL】https://ja.wordpress.org/plugins/content-aware-sidebars/
  • 【ライセンス】無償
  • 【ダウンロード】40,000+
  • 【必須WordPressバージョン】 → 4.5以上
  • 【検証済みバージョン】 → 5.1.1
  • 【php】5.6以上
  • 【言語】 → 全5言語
  • 【最終更新】 → ※常に変化しますので公式ページでご確認ください

Content Aware Sidebarsの使い方

Content Aware Sidebarsをインストールし、有効化するとダッシュボード左メニューに Content Aware が追加されます。新しいサイドメニューを作りたければ、サブメニューの「新規追加」を選択します。

Content Aware Sidebarsはカテゴリーごとにサイドメニューを切り替える

表示したいサイドメニューができたら、ページ編集画面で前記で作成したメニューを選択します。

Content Aware Sidebarsはカテゴリーごとにサイドメニューを切り替える

Content Aware Sidebarsのインストール

Content Aware Sidebarsをインストールするにはダッシュボードからプラグイン → 新規追加 → Content Aware Sidebarsで検索 → インストールボタンをクリック → 有効化ボタンをクリックし必要な設定を行います。

Content Aware Sidebarsはカテゴリーごとにサイドメニューを切り替える

ご利用の環境によってはContent Aware Sidebarsをインストールできないことやエラーになることもあります。エラーの対処方法はこちらをお読みください

※関連する記事

Content Aware Sidebarsはカテゴリーごとにサイドメニューを切り替える

Head, Footer and Post InjectionsはGoogle AdSense 審査コードを貼りつけれる

Head, Footer and Post InjectionsはGoogle AdSense 審査コードを貼りつけれるプラグイ…

Content Aware Sidebarsはカテゴリーごとにサイドメニューを切り替える

Speech bubbleは吹き出し会話風ページを簡単に作れる

Speech bubbleは吹き出し会話風ページを簡単に作れるプラグインです。会話内容を記述したショートコードを埋め込むことで簡…

Content Aware Sidebarsはカテゴリーごとにサイドメニューを切り替える

Attachment Taxonomiesはメディアをカテゴリー分けできる

Attachment Taxonomiesはメディアをカテゴリー分けできるプラグインです。WordPressは画像などのメディア…

Content Aware Sidebarsはカテゴリーごとにサイドメニューを切り替える

Content Aware Sidebarsはカテゴリーごとにサイドメニューを切り替える

Content Aware Sidebarsはカテゴリーごとにサイドメニューを切り替えてくれるプラグインです。Content A…

-WordPressプラグイン

執筆者:

関連記事

Admin Columnsはダッシュボードのカラムを並び替える

Admin Columnsは記事の一覧表示をカスタマイズできるプラグインです。Admin ColumnsはWordPressの固定ページや投稿の一覧表示画面でカラムの幅を変更したり、デフォルト以外の項 …

TinyMCE Templateは雛型を使えるようにする

TinyMCE Templateは記事のテンプレート(ひな型)を作り、埋め込むことができるようにしてくれるWordPressプラグインです。製品やサービス案内ページでは共通する部分も多くなってきます。 …

List category postsはカテゴリーとタグで記事一覧を表示する

List category postsはカテゴリーとタグで記事一覧を表示するプラグインです。List category postsを使えば、WordPressの投稿や固定ページにカテゴリやータグごとに …

Scroll Back To Top Buttonはスクロールボタンを表示してくれる

Scroll Back To Top Buttonはページトップへ戻るボタンを表示してくれるWordPressプラグインです。モバイル端末では縦に長く表示されページのトップに戻りたいとき面倒です。Sc …

Autoptimizeはスクリプトを集約し高速表示してくれる

「Autoptimize」はWordPressのプログラムソースコードを最適化してページの表示速度を高速化してくれるプラグインです。WordPressはシステム的にページを掃き出すため、プラグインのイ …