広告の不正クリックを防止するWordPressプラグイン【Ad Invalid Click Protector】

この記事はプロモーションが含まれています。

Ad Invalid Click ProtectorはAdSenseの無効なクリック、アカウントを通常とは異なる無効なクリック操作やクリック爆弾から保護するのに役立つプラグインです。

Ad Invalid Click Protector

Ad Invalid Click Protector(WordPressプラグイン)

Ad Invalid Click Protector

Google AdSenseの規約に従い、Googleはこれらの無効なクリック操作やクリック爆弾に対して一切の責任を負わず、常にAdSense掲載者に責任を負わせます。広告配信の制限やアカウント停止・削除のリスクにさらされているのです。

「アドセンス狩り」と呼ばれる第三者による嫌がらせを回避する

WordPress.org Ad Invalid Click Protector
バージョン1.2.5.2
有効インストール20000+
WordPressバージョン5.9
検証バージョン5.9
PHPバージョン7.0以上
Ad Invalid Click Protector

使い方

同一ユーザーから指定した回数アドセンス広告がクリックされたらブロックしてくれます。誤ってクリックしてしまう自己クリックや「アドセンス狩り」と呼ばれる第三者による嫌がらせを回避することができるようになります。

管理画面・ダッシュボードから → Ad Invalid Click Protectorと進み以下の項目をチェック・変更します。ほとんどの場合デフォルトで大丈夫です。

  • Set the Ad Click Limit(広告のクリック制限回数)
  • Click Counter cooke Expiration(cookeの有効期限)
  • Set the Visitor Ban Duration(禁止期間)

インストール

プラグインをインストールするには、ダッシュボード → プラグイン → 新規追加と進みます。検索 → プラグイン名で検索 → インストール → 有効化すれば利用できるようになります。

WordPressプラグインのメリットとデメリット

WordPress最大の特徴の一つとして「プラグイン」があります。標準のWordPressにはない機能(プログラム)が「プラグイン」という形で配布されており、それらを追加インストールする事によって、Webサイトに様々な拡張機能を持たせる事が出来ます。しかしながら、プラグインやテーマとのマッチング、プラグイン同士の相性で不具合が発生することもあります。また、数多くのプラグインを利用する表示速度に影響を与えたり、悪意のあるプログラムが含まれたものもあり注意が必要です。

メリットデメリット
必要な機能を簡単に導入することができる数が多くなると、サイトが重くなる
管理画面だけで柔軟に対応できる数が多くなると、管理しきれなくなる
難易度の高いコーディングをしなくてすむ他のプラグインと競合したり、バグがあったりするものもある
アップデートに伴い、プログラムの更新がされ対応してくれるサポートが途中で終わることがある
プラグイン導入のメリット・デメリット

そして、最も注意したいのは、WordPressのコアプログラム(PHPのバージョンアップ)の進化等によってプラグインが利用できなくなることもあります。このようなリスクを避けたいのであれば、最初から機能が組み込まれている有料テーマの利用、バックアップ機能や高速かつセキュリティに対応したレンタルサーバーの利用が推奨されます。

プラグインのエラーを回復

プラグインのエラーは更新中に発生することが多く、画面が真っ白になったりします。プラグインが利用できなくなるだけではなく、WordPressにログインできなくなったりWEBサイトが表示されなくなったりすることもあります。プラグインの更新中は自動的にメンテナンスモードになりサイトにアクセスできなくなります。更新が終了すれば自動的にメンテナンスモードが解除されアクセスできるようになっていますが、更新中に何らかの原因で失敗してしまうとメンテナンスモードが解除されずアクセスできないといった状態になるわけです。>> プラグインのエラーを回復する方法