Shopayでネットショップを作る

Shopay

高度にカスタマイズ可能で美しくデザインされたネットショップ向けWordPressテーマで、WooCommerceを完全にサポートしています。あらゆる種類のeコマースストアと完全に統合されており、すべての広範な機能が搭載されています。 WooCommerceおよびYITH WooCommerceプラグインと完全に互換性があり、究極のeコマースの価値を提供します。さらに、カラーオプション、7以上のホームページウィジェット、サイドバーのレイアウト、ヘッダーとフッターのカスタマイズなどが含まれます。

Screenshot of ja.wordpress.org

Shopay

Shopay には、ルートから独自のWebサイトを構築するのに役立つ包括的なドキュメントガイドが付属しています。ライブプレビューで構成できるカスタマイザが組み込まれています。これらに加えて、完全に応答性が高く、モバイルフレンドリーで、あらゆる種類のデバイスに適合します。ワンクリックのデモインポートプラグインのサポートにより、あなたのウェブサイトを驚くべきオンラインストアに変えます。

WordPress.orgShopay
有効インストール700+
WordPressバージョン4.7以上
PHPバージョン5.2.4以上
Shopay

Shopay をインストールするにはダッシュボードから外観 → テーマ → 新規追加 → テーマ名で検索しインストールを開始します。

※最新の情報を Shopay で確認のうえご利用ください。

カスタマイザー

Shopay のカスタマイズは多岐にわたって設定できるようになっています。

Theme Options

Gerneral
(一般)
  • Site Style
    (サイトスタイル)
    利用可能なレイアウトから選択・アニメーションを有効にする・スティッキーサイドバーを有効にする
  • Preloader
    (プリローダー)
    プリローダーを有効にする
  • Colors(色)
    Header Text Color,背景色,Theme Color
  • Social Icons
    (ソーシャル・アイコン)
    Social Link Target,Social Icons
  • Scroll to Top
    (トップにスクロール)
    スクロールを有効にする
Header
  • Top Bar
  • Site Identity
  • Main Area
  • Breadcrumb
Homepage
  • Sponsors Section
  • Services Section
DesignSidebar Layout
Footer
  • Main Area
  • Bottom Area
Shopay のカスタマイザー

Shopay のメニューは以下のような設定になっています。

  • Footer Navigation
  • Footer Site map
  • Header Navigation
  • kind
  • Post-navi
  • Production
  • s-menu-etc
  • s-menu-tapm
  • size
  • tpd-size

ウイジェット

Shopay のウイジェットは以下のように、サイドバーとフッターに配置されています。

  • Sidebar
  • Footer Sidebar1
  • Footer Sidebar2
  • Footer Sidebar3
  • Footer Sidebar4
  • Footer Sidebar5

ショッピングカートWELCART(ネットショップを作る)

WELCARTはWordPress専用のショッピングカートで、Welcartプラグインを追加するだけで無料で簡単にネットショップを始められます。ログインや管理画面がWordPressと共通なので、運営者の負担も少なく管理が可能です。

Shopay は高度にカスタマイズ可能で美しくデザインされたネットショップ向けテーマで、WooCommerceを完全にサポートしています。テーマは、あらゆる種類のeコマースストアと完全に統合されており、すべての広範な機能が搭載されています。 WooCommerceおよびYITH WooCommerceプラグインと完全に互換性があり、究極のeコマースの価値を提供します。さらに、テーマには、カラーオプション、7以上のホームページウィジェット、サイドバーのレイアウト、ヘッダーとフッターのカスタマイズなどが含まれます。

ネットショップとはインターネット上でモノやサービスを売るウェブサイトのことです。ネットショップをスタートする場合はメリットとデメリットを見据えておくことをお勧めします。

メリットデメリット
・販売エリアが広がる
・開店するためのコストが低い
・24時間営業できる
・集客が難しい
・価格競争になることがある
・顧客の固定化が難しい
ネットショップのメリットとデメリット

ネットショップに利用したいWordPressテーマ

WordPressでネットショップ(ECサイト)を構築する場合、WordPressテーマにカート機能を組み込むためのカスタマイズや、決済システムの導入など、作業時間や費用についての問題が生じます。そのため、まずは手軽に物販を始めたいという場合は、BASE (無料でネットショップを開設できるサービスです。)などの無料ネットショップを紐付ける方法がおすすめです。

ネットショップを安全に運用するレンタルサーバ選び

商品の人気によっては、途端にアクセスが増えたりする可能性もあります。少ない転送量のレンタルサーバだとユーザーがサイトにアクセスできなかったり、決済時にエラーが起きてしまったりなどの問題が起きてしまうかもしれません。ECサイトやネットショッピングはあくまでもビジネスとして運営するものであるため、その規模や収益などによってかけられる予算や必要な機能が大きく変わってきます。そのため、目的に合ったサービスがどれで、どのような状況になったら別のサービスに乗りかえるかといった中長期的な視点を持ちながら、利用するサービスを決めていく必要があるでしょう。

※この記事はプロモーションが含まれています。

WordPressをいつも同じデバイスで編集していると、他のデバイスで表示したときに思わぬ発見をすることもあります。できれば複数の環境でチェックしたいものです。

スマートフォンユーザーもかなり多くなってきて、発信する情報によっては、ユーザービリティを重視する必要もあります。チェック用にセカンドデバイスなど用意しておきたいところです。