レイアウトを作成できるWordPressプラグイン【Page Builder(ページビルダー)】

この記事はプロモーションが含まれています。

Page Builder(ページビルダー)はページをデザインしてレイアウトを作成できるプラグインです。使い慣れたウィジェットを使用して、レスポンシブな列ベースのコンテンツを簡単に作成できます。

Page Builder

Screenshot of ja.wordpress.org

Page Builder

WordPress自体と同じように見える直感的なインターフェイスで習得は簡単なので、すぐに美しくレスポンシブなコンテンツを作成できます。企業サイト等では固定ページの使用が比較的多く、デザイン性にこだわることもあります。このように固定ページのレイアウトを柔軟にしたい場合は力を発揮するプラグインと言えます。

プラグインの名称Page Builder
有効インストール数1百万以上
WordPressバージョン4.7以降
検証済み最新バージョン5.7.1
PHPバージョン5.6.2以降
言語全32言語
Page Builder(ページビルダー)

使い方

Page Builder をインストールして有効化します。次に投稿の編集に進むと、ビジュアル、テキストタブの右側にページビルダータブが表示されるようになります。

デフォルトレイアウトでは対応できないページを作りたいならページビルダータブを開きます。投稿ページや固定ページで、文章・画像および各ウィジェットをドラッグアンドドロップで自由に配置することができるようになります。

Page Builder は列を追加してブロックを作り、横に分割して、ウイジェット(文字や画像等)を追加してページを作り上げていきます。

新規ページ追加の場合はまずウイジェットタブを開きテキストや画像など追加したいウイジェットをクリックして追加していきます。デフォルトでは1列のブロックが追加されるので後から「列を追加」で分割をしていきます。列幅なども変更できるの後から調整ももちろんできます。

設定

デフォルト設定でも十分使えますが、利便性を高めたい場合はダッシュボードメニューに設定が追加されているのでこちらを調べてみるとよいでしょう。

ブログは文章と画像を貼り付けることでそれなりのデザインにすることはできますが。企業サイトでちょっと凝ったページにしたいときは苦労することもあります。そんな時、ページ単位でデザインを依頼できるサービスを利用されてはいかがでしょう。

WordPressプラグインのメリットとデメリット

WordPress最大の特徴の一つとして「プラグイン」があります。標準のWordPressにはない機能(プログラム)が「プラグイン」という形で配布されており、それらを追加インストールする事によって、Webサイトに様々な拡張機能を持たせる事が出来ます。しかしながら、プラグインやテーマとのマッチング、プラグイン同士の相性で不具合が発生することもあります。また、数多くのプラグインを利用する表示速度に影響を与えたり、悪意のあるプログラムが含まれたものもあり注意が必要です。

メリットデメリット
必要な機能を簡単に導入することができる数が多くなると、サイトが重くなる
管理画面だけで柔軟に対応できる数が多くなると、管理しきれなくなる
難易度の高いコーディングをしなくてすむ他のプラグインと競合したり、バグがあったりするものもある
アップデートに伴い、プログラムの更新がされ対応してくれるサポートが途中で終わることがある
プラグイン導入のメリット・デメリット

そして、最も注意したいのは、WordPressのコアプログラム(PHPのバージョンアップ)の進化等によってプラグインが利用できなくなることもあります。このようなリスクを避けたいのであれば、最初から機能が組み込まれている有料テーマの利用、バックアップ機能や高速かつセキュリティに対応したレンタルサーバーの利用が推奨されます。

プラグインのエラーを回復

プラグインのエラーは更新中に発生することが多く、画面が真っ白になったりします。プラグインが利用できなくなるだけではなく、WordPressにログインできなくなったりWEBサイトが表示されなくなったりすることもあります。プラグインの更新中は自動的にメンテナンスモードになりサイトにアクセスできなくなります。更新が終了すれば自動的にメンテナンスモードが解除されアクセスできるようになっていますが、更新中に何らかの原因で失敗してしまうとメンテナンスモードが解除されずアクセスできないといった状態になるわけです。>> プラグインのエラーを回復する方法