WordPress プラグイン

Autoptimizeはスクリプトを集約し高速表示してくれる

更新日:

「Autoptimize」はWordPressのプログラムソースコードを最適化してページの表示速度を高速化してくれるプラグインです。WordPressはシステム的にページを掃き出すため、プラグインのインストールが増えたり、アクセスの増加によってサーバーに負荷が増えページ表示速度が遅くなってしまう現象が発生します。表示が遅くなってしまうと、訪問者が待ちきれずサイトを離脱してしまったり、Googleから低評価を受けてしまうということが発生し好ましくありません。表示の高速化はテーマやサーバー環境によて得られる結果は異なってきますのでトライアンドチェックで作業してください。

Autoptimize

Screenshot of wordpress.org

Autoptimize プラグイン・ディレクトリ

  • HTML、CSS、JavaScriptを最適化してWordPressのページ表示スピードを高速化します。
  • 環境によっては効果のでないテーマなどもあります。IEで画像が表示されないことがある。キャッシュデータが肥大化する。
  • https://wordpress.org/plugins/autoptimize/
  • 無償
  • 必須WordPressバージョン4.0
  • 検証済みバージョン4.8.3
  • 日本語含む19ケ国語
  • アクティブインストール数400,000+

「Autoptimize」はスクリプトやスタイルを集約、縮小、キャッシュしたり、デフォルトでページヘッドにCSSを挿入しスクリプトをフッターに移動し遅延させることができます。

※表示高速プラグインはスクリプトに影響を与えることもあります。導入後はスクリプトの動作確認をしましょう。

使い方

  • 【HTML オプション】HTMLコードを最適化にチェックをするとHTMLを最適化する
  • 【Java Script オプション】Java ScriptにチェックをするとJava Scriptの最適化をする
  • 【CSS オプション】cssコードを最適化にチェックをするとCSSの最適化をする

Save changes ボタン クリックで設定を登録

高速化を確認する

Autoptimizeを有効化してPageSpeed Insightsでこのサイトをチェックしてみました。有効化する前は「54/100」だったのが、「68/100」となりました。使用するテーマやその他の環境によってこの数値はかわりますが、注意したいのはソースがどのように変化してしているか?スクリプトが消えてしまうこともありますので各ページのチェックは必ず行ってください。

表示速度とSEOの関連性

表示速度がランキング要因の一つであることを2012年にGoogleから発表されています。PageSpeed Insights等でチェックし自サイトの表示スピードに注意をすべきです。表示が遅いことはランキングに影響するばかりでなく、検索ユーザーにも影響を与えてしまいます。検索結果でクリックされても表示が遅いことで読まれることなくサイトを去られてしまうことになってしまうからです。

表示を高速化するプラグイン

Autoptimizeはスクリプトを集約し高速表示してくれる

「Autoptimize」はWordPressのプログラムソースコードを最適化してページの表示速度を高速化してくれるプラグインです。

Head Cleanerはソースを最適化してくれる

「Head Cleaner」はWordPressののソースを最適化してSEOにとって必要な表示速度を高速化してくれるプラグインです。

WP HTTP Compressionrはgzip圧縮して高速表示する

「WP HTTP Compression」は、ページ全体をgzip圧縮してブラウザに読み込ませて表示速度を速くしてくれるプラグインです。

-WordPress, プラグイン
-

Copyright© WordPressの使い方 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.