WordPressプラグイン

Autoptimize:スクリプトを集約し高速表示する

更新日:

「Autoptimize」はWordPressのプログラムソースコードを最適化してページの表示速度を高速化してくれるプラグインです。WordPressはシステム的にページを掃き出すため、プラグインのインストールが増えたり、アクセスの増加によってサーバーに負荷が増えページ表示速度が遅くなってしまう現象が発生します。表示が遅くなってしまうと、訪問者が待ちきれずサイトを離脱してしまったり、Googleから低評価を受けてしまうということが発生し好ましくありません。表示の高速化はテーマやサーバー環境によて得られる結果は異なってきますのでトライアンドチェックで作業してください。

sheep-3264732_1920-1024x419 Autoptimize:スクリプトを集約し高速表示する

Autoptimizeの概要

「Autoptimize」はスクリプトやスタイルを集約、縮小、キャッシュしたり、デフォルトでページヘッドにCSSを挿入しスクリプトをフッターに移動し遅延させることができます。

  • Autoptimize
  • HTML、CSS、JavaScriptを最適化してWordPressのページ表示スピードを高速化します。
  • 環境によっては効果のでないテーマなどもあります。IEで画像が表示されないことがある。キャッシュデータが肥大化する。
  • https://wordpress.org/plugins/autoptimize/
  • 無償
  • 【必須WordPressバージョン】4.0
  • 【検証済みバージョン】4.8.3
  • 【言語】日本語含む19ケ国語
  • 【アクティブインストール】400,000+
  • インストールはダッシュボード → プラグイン → 新規追加 → Autoptimizeで検索 → インストール

※表示高速プラグインはスクリプトに影響を与えることもあります。導入後はスクリプトの動作確認をしましょう。

「Autoptimize」の使い方

  • 【HTML オプション】HTMLコードを最適化にチェックをするとHTMLを最適化する
  • 【Java Script オプション】Java ScriptにチェックをするとJava Scriptの最適化をする
  • 【CSS オプション】cssコードを最適化にチェックをするとCSSの最適化をする

Save changes ボタン クリックで設定を登録

▶ 高速化を確認する

Autoptimizeを有効化してPageSpeed Insightsでこのサイトをチェックしてみました。有効化する前は「54/100」だったのが、「68/100」となりました。使用するテーマやその他の環境によってこの数値はかわりますが、注意したいのはソースがどのように変化してしているか?スクリプトが消えてしまうこともありますので各ページのチェックは必ず行ってください。

▶ 表示速度とSEOの関連性

表示速度がランキング要因の一つであることを2012年にGoogleから発表されています。PageSpeed Insights等でチェックし自サイトの表示スピードに注意をすべきです。表示が遅いことはランキングに影響するばかりでなく、検索ユーザーにも影響を与えてしまいます。検索結果でクリックされても表示が遅いことで読まれることなくサイトを去られてしまうことになってしまうからです。

※関連の記事

2099465_1920-150x150 Autoptimize:スクリプトを集約し高速表示する

Recent Posts Widget Extendedは新着記事をサムネイル一覧表示

Recent Posts Widget Extendedは新着記事をサムネイル付きで一覧表示してくれるWordPressプラグインです。標準の最近の投稿などは細かくカスタマイズできなかったりするのでRecent Posts Widget Extendedで…

adult-3408111_1920-150x150 Autoptimize:スクリプトを集約し高速表示する

Search Excludeは任意ページを検索結果から除外できる

Search ExcludeはWordPressの検索結果(サイト内検索)に表示したくないページを除外してくれるプラグインです。商品ページなどが数多く構成されている場合には検索機能を使うユーザーも多いので余分なページを表示することを避けたいこともあります。…

blogger-336371_1920-150x150 Autoptimize:スクリプトを集約し高速表示する

Crayon Syntax Highlighter:記事にHTMLソース等を表示する

Crayon Syntax Highlighterは、記事にHTMLソースなどを綺麗に表示することができます。企業のサイトでは、Crayon Syntax Highlighterはあまり利用されることは少ないかもしれませんが、WordPressのカスタム情…

3368242_1920-150x150 Autoptimize:スクリプトを集約し高速表示する

Easy Table of Contents:目次を自動で作る

Easy Table of Contentsは投稿や固定ページに「見出しタグ h1 ~ h6」を元に自動で「目次」を作成して表示してくれます。Easy Table of Contentsは目次を投稿や固定ページ、カスタム投稿タイプにも挿入することが出来ます。

849804_1920-150x150 Autoptimize:スクリプトを集約し高速表示する

Classic Editor:Gutenbergと旧エディタを切り替える

WordPressプラグインClassic EditorはWordPress 5.0から採用された新しいエディタ Gutenberg を旧エディタに戻してくれるプラグインです。戻してくれるだけでなく、エディタを切り替えて使えるようにもしてくれます。 Cla…

791049_1920-150x150 Autoptimize:スクリプトを集約し高速表示する

Breadcrumb NavXT:パンクズリストを設置できる

Breadcrumb NavXTはパンクズリストを設置できるWordPressプラグインです。有料テーマや無料テーマによっては標準でパンクズリストが設置されていることも多いのですが、公式テーマなどでは採用されていないこともあります。PHPスキルを持たれてい…

849804_1920-150x150 Autoptimize:スクリプトを集約し高速表示する

Post Type Switcher:投稿タイプを変更できる

WordPressのプラグインPost Type Switcherは、固定ページを投稿に、投稿を固定ページに入れ替えることができます。WordPressのページの種別は投稿(Post)と固定ページ(Page)に分けられています。投稿のページとして公開してし…

woman-731894_1920-150x150 Autoptimize:スクリプトを集約し高速表示する

Food and Drink Menu:飲食店のメニューを作る

「Food and Drink Menu」はレストランやカフェなどの飲食店のフードやドリンクのメニューを作るのに特化しているWordPressプラグインです。「Food and Drink Menu」は自由度はあまり高くありませんが使い方は非常に簡単です。…

startup-593327_1920-150x150 Autoptimize:スクリプトを集約し高速表示する

Admin Columns:ダッシュボードのカラムを並び替える

Admin Columnsは記事の一覧表示をカスタマイズできるプラグインです。Admin ColumnsはWordPressの固定ページや投稿の一覧表示画面でカラムの幅を変更したり、デフォルト以外の項目を表示したりすることができるようしてくれるプラグインで…

woman-3190829_1920-150x150 Autoptimize:スクリプトを集約し高速表示する

XML Sitemap & Google News feeds:XMLサイトマップを送信する

XML Sitemap & Google News feedsは xml サイトマップとNEWS フィードを自動で作成してくれるWordPressプラグインです。Google XML Sitemapsを利用される方が多いかもしれませんが、XML S…

-WordPressプラグイン

Copyright© WordPress テーマとプラグイン , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.