WordPressプラグイン

Better Delete Revisionは不要なリビジョンを削除する

投稿日:2017年12月23日 更新日:

「Better Delete Revision」は、WordPressの不要なリビジョンデータを削除することができます。WordPressのリビジョンという機能があり、記事を保存するたびに履歴が保存されるようになっています。復元が容易に可能になる反面、保存するたびに不要なデータが蓄積されることになるのです。データベースに大量のデータが蓄積されるとページの表示速度に悪影響を与えることがありSEOとして好ましくありません。適度に削除してデータベースをメンテナンスするようにしましょう。

Better Delete Revisionは不要なリビジョンを削除する

Better Delete Revisionの概要

「Better Delete Revision」は手動で保存されているリビジョンデータを削除することができるプラグインです。管理画面で「Check Revision Posts」ボタンをクリックすれば保存されているリビジョンをサーチしてくれます。

  • Better Delete Revision
  • ライセンス → 無償
  • 不用なリビジョンデータを削除することができる。
  • インストールの手順 → ダッシュボード → プラグイン → Better Delete Revisionで検索 → インストール
  • 管理画面の場所 → ダッシュボード → 設定 → Better Delete Revision

Better Delete Revisionの使い方

「Better Delete Revision」をインストールして有効化したら、設定(ダッシュボード・左サイドメニュー)から「Better Delete Revision」に進み「Check Revision Posts」をクリックします。このあと不要なリビジョンがリストされるのでページ最下部の「Yes would like to delete them!」をクリックして削除完了です。

「Check Revision Posts」クリックでリビジョン数が表示されます。

「Yes would like to delete them!」をクリックするとリビジョンが削除されます。

リビジョンは記事の変更など履歴として保存してくれる機能です。操作を誤ったりしたときに復旧してくれるので大変ありがたいのですが、更新のたびに保存されるのでパフォーマンスの低下を招くことにつながります。そんなとき不用なリビジョンを削除しておけばパフォーマンスの低下を防ぐことができます。

Better Delete Revisionのインストール

Better Delete Revisionをインストールするにはダッシュボードからプラグイン → 新規追加 → Better Delete Revisionで検索 → インストールボタンをクリック → Better Delete Revisionの有効化ボタンをクリックし必要な設定を行います。

Better Delete Revisionは不要なリビジョンを削除する

ご利用の環境によってはBetter Delete Revisionをインストールできないことやエラーになることもあります。エラーの対処方法はこちらをお読みください

※関連の記事

Better Delete Revisionは不要なリビジョンを削除する

Head, Footer and Post InjectionsはGoogle AdSense 審査コードを貼りつけれる

Head, Footer and Post InjectionsはGoogle AdSense 審査コードを貼りつけれるプラグインです。Google AdSenseの審査コードなどHEADタグ内に貼りつけたいコードがあるとき、テーマに直接記述してしまうとア…

Better Delete Revisionは不要なリビジョンを削除する

Speech bubbleは吹き出し会話風ページを簡単に作れる

Speech bubbleは吹き出し会話風ページを簡単に作れるプラグインです。会話内容を記述したショートコードを埋め込むことで簡単に会話風ページを作ることができます。 Speech bubbleの概要 【名称】Speech bubble 【機能】吹き出し会…

Better Delete Revisionは不要なリビジョンを削除する

Attachment Taxonomiesはメディアをカテゴリー分けできる

Attachment Taxonomiesはメディアをカテゴリー分けできるプラグインです。WordPressは画像などのメディアを一覧で管理することができるのですが、多くなってくると探すのに一苦労します。Attachment Taxonomiesを使えばカ…

Better Delete Revisionは不要なリビジョンを削除する

Content Aware Sidebarsはカテゴリーごとにサイドメニューを切り替える

Content Aware Sidebarsはカテゴリーごとにサイドメニューを切り替えてくれるプラグインです。Content Aware Sidebarsをインストールするメリットは、ページボリュームが多いサイトでカテーゴリーも多種に至っている場合関連する…

Better Delete Revisionは不要なリビジョンを削除する

Cool Tag Cloudはカテゴリーやタグを見やすく表示する

Cool Tag Cloudはカテゴリーやタグを見やすく表示してくれるプラグインです。WordPressデフォルトのカテゴリーやタグのウィジェット表示はテキスト表示だけのことも多く、CSSをカスタマイズをするには敷居が高いこともあります。プラグインCool…

Better Delete Revisionは不要なリビジョンを削除する

Intuitive Custom Post Orderは記事を並び替えることができる

Intuitive Custom Post Orderは記事の順番をドラッグ&ドロップの簡単な操作で並び替えることができるようにしてくれるプラグインです。固定ページはページ属性の並び順によって並び替えることができるのですが、投稿にはこの機能が残念ながらあり…

Better Delete Revisionは不要なリビジョンを削除する

Ultimate Category Excluderは任意のカテゴリー記事一覧を非表示にしてくれる

Ultimate Category Excluderは任意のカテゴリー記事一覧を非表示にしてくれるプラグインです。Ultimate Category Excluderの使い方は簡単で除外したいカテゴリを選択するだけで、すべての作業を自動的に行います。 Ul…

Better Delete Revisionは不要なリビジョンを削除する

Add Quick Tagにショートコードやタグを登録してクイック編集

Add Quick Tagはショートコードやタグ、定型的な文章を登録してクイック編集ができるようにしてくれるプラグインです。Add Quick TagはWordPress編集画面(ビジュアルモードやHTML)でよく使うタグやショートコード追加することができ…

-WordPressプラグイン

執筆者:

関連記事

All in One SEO PackのGoogle設定方法

All in One SEO Packプラグインの「Google設定」ではGoogle+デフォルトプロフィールやその他Googleとの連携に関連することを設定をすることができます。 All in On …

Category Order and Taxonomy Terms Orderはカテゴリーを並び替る

「Category Order and Taxonomy Terms Order」はカテゴリーを並び替えることができるプラグインです。ウィジェットを使ってサイドメニューにカテゴリーを表示させるとカテゴ …

All in One SEO Packのxmlサイトマップの設定方法

All in One SEO Pack(WordPressプラグイン)の「xmlサイトマップ」を設定するとGoogleやYahoo!等の検索エンジンにWEBサイトの内容を伝えてくれる「xmlサイトマッ …

All in One SEO Packのウエブマスター認証の設定方法

「All in One SEO Pack」プラグインの「ウエブマスター認証では、ウェブマスター認証ではGoogleウェブマスター(Search Console)、Bing webマスターセンター、Pi …

Shortcodes by Angie Makesは記事を装飾できる

「Shortcodes by Angie Makes」は記事のレイアウトや見た目をHTMLやCSSの知識がなくてもショートコードで充実させることができるプラグインです。インストールするとビジュアルモー …