自動で記事にタグ付けできるWordPressプラグイン【Simple Tags】

この記事はプロモーションが含まれています。
自動で記事にタグ付けできるWordPressプラグイン【Simple Tags】

Simple Tags は自動で記事にタグ付け

Simple Tagsはタグ管理を使いやすくし、自動でタグ付けしてくれるWordPressプラグインです。このプラグインを利用すると、サイトに表示するタグの管理や設定作業が使いやすくなります。※ TaxoPress(TaxoPress is the WordPress Tag, Category, and Taxonomy Manager)に変更されています。このページでは、 Simple Tags として記述しています。

Simple Tags

自動で記事にタグ付けできるWordPressプラグイン【Simple Tags】

TaxoPress ( Simple Tags )

WordPressのデフォルト「タグ」機能はフラット表示になってしまいます。この Simple Tagsを 使えばタグをリスト表示してくれるようになります。

タグを利用するときの注意点は、間違ったタグの利用はスパムとして扱われてしまうことがあるということです。

WordPress.orgTaxoPress ( Simple Tags )
Version3.20.0
Last updated2024年4月
有効インストール60,000
WordPress version3.3
PHP Version5.6
Test Version6.5.2
Simple Tags

固定ページにカテゴリーとタグを作成する【Create And Assign Categories For Pages】

(Create And Assign Categories For Pages)は、固定ページに新しいカテゴリやタグを作成するのに役く立つWordPressプラグインです。カテゴリを固定ページに割り当てることができます。

タグをチェックボックスにして使いやすくカスタマイズ

Gutenberg のタグはタグ名を直接入力する仕様になっていて、使いがっては少し不便です。カテゴリーのようにチェックボックスで入力出来れば操作性が向上します。タグは関連する記事を複数のカテゴリーに渡って紐づけできる機能で、サイトの内の回遊率アップにも貢献できます。

タグをグループ分けできる【xili-tidy-tags】

xili-tidy-tagsはタグをグループ分けしてウィジェット(サイドバー等)に表示してくれるWordPressプラグインです。デフォルトではタグはランダムに表示され、まとまりがなく解りずらいと言えます。

Simple Tags の使い方

Simple Tags は、タグ管理を使いやすくし、自動でタグ付けしてくれます。この Simple Tags を利用すると、サイトに表示するタグの管理や設定作業が使いやすくなります。また、ウィジェットにタグクラウドとして追加することで利用できるようになります。

  • 表示内容を細かくカスタマイズできる。
  • タグクラウドの表示内容を細かくカスタマイズできる。
  • 登録したキーワードと同じキーワード記事内に存在する場合、キーワードからタグのページに対して自動的にリンクできる。
  • 投稿と固定ページの記事本文の下に設置したタグを自動挿入できる。

Simple Tags の設定

Simple Tags の設定は以下のタブの内容で設定できるようになっています。

Simple Tags の設定は「Features」、「管理」、「タグクラウド」、「投稿内でのタグ表示」、「メタキーワード」、「関連タグ」とタブ分けされています。

■Features

設定するのは以下のとおりです。

Auto links tages(デフォルトでチェックナシ)投稿内のキーワードを自動でタグのページにリンクしてくれる
タグの一括編集(デフォルトでチェックアリ)タクソノミー(分類する)ページごとの用語を編集することができる
click tags feature(デフォルトでチェックアリ)全てのタグを表示するためのリンクを追加
Autocopltion with old input(デフォルトでチェックアリ)タグをより簡単に入力するためのヘルプを表示する
Suggested tags feature(デフォルトでチェックアリ)投稿内容とタグのソースを比較することで、提案タグを取得するためのボックスを作る
Advanced Manage Termd(デフォルトでチェックナシ)タクソノミーの用語を編集、マージ、追加することができる
Related Posts by terms(デフォルトでチェックナシ)関連性のある関連記事を表示することができる
Auto terms posts(デフォルトでチェックアリ)コンテンツの検索を実行することで、自動的にポスト用語を追加することができる
Tags for page(デフォルトでチェックアリ)ページポストタイプにタグをつけることができる
Tages Cloud Shotcode(デフォルトでチェックナシ)[st_tag_cloud]か[st-tag-cloud]で投稿を表示することができる
Simple Tags の設定

■管理

設定するのは以下のとおりです。

Type of old input テキストエリアとテキスト1行のみのどちらかを選択
AutoCompletion Min Charsオートコンプリートの文字数を指定できます。デフォルトは0
クリックタグの表示使われる回数が少ない順、最も人気のある順、アルファベット順(デフォルト)、名前(降順)、ランダムから選択
OpenCalais API Keyタグ付けエンジン、テキストをエンティティ、トピックコード、イベント、リレーションシップ、ソーシャルタグを返します。
Alchemy API KeyIBMのデータクラウド
Tag4Site API Keyタグをテーマにしてくれる
Simple Tags の設定

記事を見つけやすく分類するならカテゴリーを考えると思います。カテゴリーは、記事の分類にとても便利なのは確かです。しかし、1つの記事を複数のカテゴリーに属させるのは、あまりよくありません。それは、SEOの関連があり記事の位置を示すパンくずリストの表示が1カテゴリーのみであるからです。そのほかにも、記事をカテゴリーごとに集計する場合に、カテゴリーの重複が発生すると手間がかかるなどの不便さがあります。

これに対し、タグは、1つの記事に複数を設定できます。タグ付けが適切に行われることで、ユーザーがより多くの記事を見つけやすくなるため、1セッションあたりのページビューが増加すると想定できます。カテゴリーとは異なり、階層構造を持たないタグは、自由な設定ができます。ただし、よく考えた上で設定をしなければ、かえって分かりにくいものになってしまう恐れもあるので注意してください。

WordPressプラグインのメリットとデメリット

自動で記事にタグ付けできるWordPressプラグイン【Simple Tags】

WordPress最大の特徴の一つとして「プラグイン」があります。標準のWordPressにはない機能(プログラム)が「プラグイン」という形で配布されており、それらを追加インストールする事によって、Webサイトに様々な拡張機能を持たせる事が出来ます。しかしながら、プラグインやテーマとのマッチング、プラグイン同士の相性で不具合が発生することもあります。また、数多くのプラグインを利用する表示速度に影響を与えたり、悪意のあるプログラムが含まれたものもあり注意が必要です。

メリットデメリット
必要な機能を簡単に導入することができる数が多くなると、サイトが重くなる
管理画面だけで柔軟に対応できる数が多くなると、管理しきれなくなる
難易度の高いコーディングをしなくてすむ他のプラグインと競合したり、バグがあったりするものもある
アップデートに伴い、プログラムの更新がされ対応してくれるサポートが途中で終わることがある
プラグイン導入のメリット・デメリット

そして、最も注意したいのは、WordPressのコアプログラム(PHPのバージョンアップ)の進化等によってプラグインが利用できなくなることもあります。このようなリスクを避けたいのであれば、最初から機能が組み込まれている有料テーマの利用、バックアップ機能や高速かつセキュリティに対応したレンタルサーバーの利用が推奨されます。

プラグインのエラーを回復

プラグインのエラーは更新中に発生することが多く、画面が真っ白になったりします。プラグインが利用できなくなるだけではなく、WordPressにログインできなくなったりWEBサイトが表示されなくなったりすることもあります。プラグインの更新中は自動的にメンテナンスモードになりサイトにアクセスできなくなります。更新が終了すれば自動的にメンテナンスモードが解除されアクセスできるようになっていますが、更新中に何らかの原因で失敗してしまうとメンテナンスモードが解除されずアクセスできないといった状態になるわけです。>> プラグインのエラーを回復する方法

Plugin Site Link

機能別でみる高速化メンテナンス
メモを残すSEO(検索エンジン最適化)更新停止