WordPressプラグイン

WooSidebarsはカスタムウィジェットを設定する

投稿日:2017年12月26日 更新日:

WooSidebarsは、サイドバーやフッターなどのウィジェットエリアをページ毎に自由自在にカスタマイズ(編集)できるプラグインです。サイトのページボリュームが増えてくるとナビゲーションメニューが煩雑になってしまいユーザーに情報を見つけてもらい辛くなったりします。テーマによってはナビゲーションを切り替えれるものもありますが、細かく設定できるものは少ないです。

WooSidebarsはカスタムウィジェットを設定する

WooSidebarsの概要

「WooSidebars」を使えば、固定ページや投稿カテゴリーごとに表示するサイドメニュー(ウィジェットエリア)を切り替えることができます。

  • 【プラグイン名称】WooSidebars
  • 【公式サイト】https://ja.wordpress.org/plugins/woosidebars/
  • 【ライセンス】無償
  • 【更新】1年ほど前(確認時)公式サイトで確認してください)
  • 【必須WordPressバージョン】4.1
  • 【検証バージョン】4.6.8
  • 【言語】6ケ国語
  • 【アクティブインストール】300,000
  • 【機能】サイドバーやフッターなどのウィジェットエリアをページ毎に自由にカスタマイズする。
  • 【インストール】ダッシュボード → プラグイン → 新規追加 → 検索 → WooSidebars → インストール
  • 【ユーザーズガイド】https://docs.woocommerce.com/documentation/plugins/woosidebars/

WooSidebarsの使い方

インストールするとダッシュボードの外観に『ウイジェットエリア』が追加されます。ウイジェットと見間違うことありますが、少し下に表示されているでしょう。

『ウイジェットエリア』をクリックすると編集画面に進みます。新規に追加する場合はAdd Newで追加します。新しくウイジェットエリアを作ることで特定のカテゴリーや固定ページなだけ表示させることができるようになるのです。例えば製品ボリュームが多いものを全て展開するとサイドメニューが長くなりすぎて見づらくなってしまいます。こんなときその製品のカテゴリー表示を切り替えておくことでユーザーにアピールしやすくなります。

WooSidebarsのインストール

WooSidebarsをインストールするにはダッシュボードからプラグイン → 新規追加 → WooSidebarsで検索 → インストールボタンをクリック → WooSidebarsの有効化ボタンをクリックし必要な設定を行います。

WooSidebarsはカスタムウィジェットを設定する

ご利用の環境によってはWooSidebarsをインストールできないことやエラーになることもあります。エラーの対処方法はこちらをお読みください

※関連の記事

WooSidebarsはカスタムウィジェットを設定する

Head, Footer and Post InjectionsはGoogle AdSense 審査コードを貼りつけれる

Head, Footer and Post InjectionsはGoogle AdSense 審査コードを貼りつけれるプラグインです。Google AdSenseの審査コードなどHEADタグ内に貼りつけたいコードがあるとき、テーマに直接記述してしまうとア…

WooSidebarsはカスタムウィジェットを設定する

Speech bubbleは吹き出し会話風ページを簡単に作れる

Speech bubbleは吹き出し会話風ページを簡単に作れるプラグインです。会話内容を記述したショートコードを埋め込むことで簡単に会話風ページを作ることができます。 Speech bubbleの概要 【名称】Speech bubble 【機能】吹き出し会…

WooSidebarsはカスタムウィジェットを設定する

Attachment Taxonomiesはメディアをカテゴリー分けできる

Attachment Taxonomiesはメディアをカテゴリー分けできるプラグインです。WordPressは画像などのメディアを一覧で管理することができるのですが、多くなってくると探すのに一苦労します。Attachment Taxonomiesを使えばカ…

WooSidebarsはカスタムウィジェットを設定する

Content Aware Sidebarsはカテゴリーごとにサイドメニューを切り替える

Content Aware Sidebarsはカテゴリーごとにサイドメニューを切り替えてくれるプラグインです。Content Aware Sidebarsをインストールするメリットは、ページボリュームが多いサイトでカテーゴリーも多種に至っている場合関連する…

-WordPressプラグイン

執筆者:

関連記事

All in One SEO Packのnoindexの設定方法

All in One SEO Packのnoindex設定で検索エンジンから低品質サイトの評価をされないようすることができます。

CC Child Pagesは子ページを表示してくれる

「CC Child Pages」はWordPressの固定ページの子ページを一覧表示してくれるプラグインです。投稿ページはカテゴリーごと一覧表示をしてくれますが、固定ページはカテゴリー分けされていない …

PS Auto Sitemapはサイトマップを自動で作成してくれる

PS Auto Sitemapはサイトマップを作成するプラグインです。サイトマップは検索エンジンのクローラーを巡回させることを目的として設置されていましたが、XMLサイトマップを送信することで検索エン …

AMPはAMP Projectに対応できる

WordPressはプラグインでAMPプロジェクトに対応することが可能です。プラグインを新規追加して有効化すればAMP互換バージョンのページが生成されます。URLは「xxxx.com/contents …

Pz-LinkCardはブログカードを生成できる

「Pz-LinkCard」はショートコードでURLを指定することでリンクをブログカード形式で表示してくれるプラグインです。Pz-LinkCardは外部リンクと内部リンクでカードの色や新しくウインドウを …