WordPress プラグイン

Table of Contents Plusは目次を作成してくれる

更新日:

Table of Contents Plusは投稿や固定ページに「見出しタグ h1 ~ h6」を元に自動で「目次」を作成して表示してくれるWordPressプラグインです。長文が検索エンジンに上位表示されることがあるといったことからもページのボリュームが増加する傾向にあります。長文の場合、Table of Contents Plusで目次を作成しておくと訪問者がそのページを素早く把握することになり、反応を確認する手助けにもなるのです。

Table of Contents Plusは目次を任意の位置に表示してくれます。目次はページ内へのリンクにもなっているのでユーザーが目的の情報にアクセスしやすくなります。ページが長文で構成され、文書構造が体系化されている場合には効果的です。

Table of Contents Plus

Screenshot of ja.wordpress.org

Table of Contents Plus プラグイン・ディレクトリ

  • Table of Contents Plus
  • 見出しタグからページの目次を作成してくれる
  • ライセンス → 無償
  • 必須WordPressバージョン → 3.2
  • 検証済みバージョン → 4.4.12
  • 言語 → 日本語含む13ケ国語
  • アクティブインストール → 200,000 +
  • 最終更新 → ※常に変化しますので公式ページでご確認ください 2年前

使い方

Table of Contents Plusの使い方の使い方はインストール後設定をするればあとはTable of Contents Plusが自動で目次を作成してくれます。目次は、一般的にページの先頭に配置されることが多く、ユーザーに素早くページの概要を伝えることができるようになり、ユーザービリティの点からも効果的です。

  • 目次を表示する位置を上下、最初の前後にできる
  • 表示する条件を見出しの数で2以上からにできる
  • 自動で挿入できるコンテンツタイプを選べる

設定

Table of Contents Plusの設定は基本設定タブで以下の内容を設定できます。

  • 位置(表示する)【最初の見出しの前、最初の見出しの後、上、下から選択】
  • 表示条件【見出しの数によって目次を表示するかを指定】
  • コンテンツタイプを自動挿入【post,page等表示するコンテンツのタイプを指定】
  • 見出しテキスト【目次のタイトルを変更】
  • 階層表示【階層表示をするかしないか】
  • スムーススクロール効果を有効化【スクロール効果を有効にするかしないか】
  • 外観(横幅、回り込み、文字サイズ、プレゼンテーション)【横幅や目次のデザインを選択】

目次作成以外の機能

Table of Contents Plusには目次を作成してくれる以外にもショートコードを埋め込むと固定ページとカテゴリーでサイトマップを表示することができるようになっています。しかし、Table of Contents Plusはサイトマップ作成プラグインではないので固定ページ、カテゴリーともに細かな設定はできません。

おすすめプラグ

All in One SEO Packの設定

「All in One SEO Pack」は記事ごとにタイトルやディスクリプション(抜粋)を細かく指定できたり、SEOに重要な部分を一括して管理することができます。

データベースをお掃除するプラグイン

データベースにはサイトに必要なものすべて以外に必要のない多くのものが保存されます。この不要なデータを消去することができるプラグインです。

編集を便利にするプラグイン

WordPressのダッシュボードを使い易くしてくれるプラグインのご紹介です。

アクセス解析ができるプラグイン

Google Analyticsのアクセス解析をダッシュボードに表示してくれるGoogle Analytics Dashboard for WP

-WordPress, プラグイン

Copyright© WordPressの使い方 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.