Post Type Switcherは投稿タイプを変更するプラグイン

「Post Type Switcher」は、固定ページを投稿に、投稿を固定ページに入れ替えることができます。ページの種別は投稿(Post)と固定ページ(Page)に分けられています。「Post Type Switcher」は、投稿のページとして公開してしまったものを固定ページとして公開したいといった時に入れ替えることができます。

「Post Type Switcher」の概要

「Post Type Switcher」は、固定ページを投稿に、投稿を固定ページに入れ替えることができます。ページの種別は投稿(Post)と固定ページ(Page)に分けられています。投稿のページとして公開してしまったものを固定ページとして公開したいといった時に入れ替えることが簡単にできます。パーマリンクの問題がなければ手作業で移動させればインデックされURLをロストすることなく移動できますが、作業の手間が発生したり、コピーによるミスが発生したりすることもあり望ましくありません。ましてや移動したいページ数が多いと猶更です。Post Type Switcherを使うとコピーの手間も、ページ数が多くて簡単にPageとPostを入れ替ることができます。

「Post Type Switcher」の概要

  • 【プラグイン・ディレクトリ】
  • 固定ページを投稿に、投稿を固定ページに入れ替えることができます
  • 必須WordPressバージョン3.0
  • 検証済みバージョン4.9.8
  • アクティブなインストール数90,000+

Post Type Switcherの使い方

Post Type Switcherをインストールして有効化すると投稿と固定ページの編集画面の「公開」にPost Typeが追加されます。投稿から固定ページに固定ページはその逆に、変更先を選ぶだけで作業は完了です。最後に更新ボタンをクリックして移動先で内容を確認すれば終了です。投稿ページで公開してしまい、インデックスもされているが固定ページに移動したい、固定ページの記事を投稿に移動したい、そんなときに使えるのがPost Type Switcherです。ページのTYPEを変えるだけで作業が終了します。

「Post Type Switcher」のインストールや更新時エラーの対処

「Post Type Switcher」をインストールするには、ダッシュボード → プラグイン → 新規追加 → 検索 → プラグイン名で検索 → インストール → 有効


インストール時や更新時にエラーを起こしてしまうことがあります。エラーによってはサイトが表示できなくなるだけではなく、WordPressにログインできなくなったりWEBサイトを利用できなくなったりすることもあります。

プラグインのエラーが発生した時の回復方法

プラグインの更新中は自動的にメンテナンスモードになりサイトにアクセスできなくなります。更新が終了すれば自動的にメンテナンスモードが解除されアクセスできるようになっています。更新中に何らかの原因で失敗してしまうとメンテナンスモードが解除されずアクセスできないといった状態になるわけです。対処としては次の2つが代表的なものになっています。

「Post Type Switcher」のまとめ

「Post Type Switcher」は、固定ページを投稿に、投稿を固定ページに入れ替えることができます。WordPressのページの種別は投稿(Post)と固定ページ(Page)に分けられています。投稿のページとして公開してしまったものを固定ページとして公開したいといった時に入れ替えることが簡単にできます。

プラグインの注意点

プラグインの多用は表示速度やメンテナンス性などに影響を与えるので必要なものに留める方が良いようです。また、インストールするサーバ環境や干渉、テーマとのマッチングの問題も発生します。

プラグインは、WordPressの機能を拡張するためのツールです。WordPress のコアは、柔軟性を保つため、不必要なコードでふくれあがってしまわないように設計されています。ユーザーそれぞれが特定のニーズに合ったものを利用して、カスタム機能を取り入れられるように作られています。

WordPress Codex日本語版(公式オンラインマニュアル)

導入には次のような注意点もあります。

  • 数が多くなると、サイトが重くなる
  • 数が多くなると、管理しきれなくなる
  • 他のプラグインと競合したり、バグがあったりするものもある
  • サポートが途中で終わるものもある