プラグイン

Post Type Switcher(WordPressプラグイン)は投稿タイプを変更できる

更新日:

WordPressのプラグインPost Type Switcherは、固定ページを投稿に、投稿を固定ページに入れ替えることができます。WordPressのページの種別は投稿(Post)と固定ページ(Page)に分けられています。投稿のページとして公開してしまったものを固定ページとして公開したいといった時に入れ替えることが簡単にできます。

Post Type Switcherの概要

パーマリンクの問題がなければ手作業で移動させればインデックされURLをロストすることなく移動できますが、作業の手間が発生したり、コピーによるミスが発生したりすることもあり望ましくありません。ましてや移動したいページ数が多いと猶更です。Post Type Switcherを使うとコピーの手間も、ページ数が多くて簡単にPageとPostを入れ替ることができます。

Post Type Switcherの使い方

Post Type Switcherをインストールして有効化すると投稿と固定ページの編集画面の「公開」にPost Typeが追加されます。

投稿から固定ページに固定ページはその逆に、変更先を選ぶだけで作業は完了です。最後に更新ボタンをクリックして移動先で内容を確認すれば終了です。

Post Type Switcher をご覧頂きありがとうございます。投稿ページで公開してしまい、インデックスもされているが固定ページに移動したい、固定ページの記事を投稿に移動したい、そんなときに使えるのがPost Type Switcherです。ページのTYPEを変えるだけで作業が終了します。

Post Type Switcherのインストール

ダッシュボードからプラグイン → 新規追加 → Post Type Switcherで検索 → インストールボタンをクリック → 有効化ボタンをクリックし必要な設定を行います。

ご利用の環境によってはインストールできないことやエラーになることもあります。エラーの対処方法はこちらをお読みください

-プラグイン

Copyright© エス・ティ・セブン有限会社 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.