SiteOrigin UnwindはアフィリエイターにおすすめなWordPressテーマ

SiteOrigin UnwindはアフィリエイターにおすすめなWordPressテーマ

SiteOrigin Unwindは、カスタマイズが充実しているのでオリジナル性にこだわりたいアフィリエイターにおすすめのテーマです。ディフォルトにはない Theme Settings や Page Template Setting がカスタマイズとして装備されています。

SiteOrigin Unwind の概要

WordPress.orgSiteOrigin Unwind
バージョン1.8.6
最終更新2022年1月6日
有効インストール4000+
WordPressバージョン4.7
PHPバージョン5.0.20
SiteOrigin Unwind の概要 2022年2月現在

SiteOrigin Unwind のカスタマイザー

SiteOrigin Unwind のテーマカスタマイザーの内容です。

SiteOrigin Unwind のカスタマイザー
SiteOrigin Unwind のカスタマイザー
Theme Settings
(テーマ設定)
Branding(ブランディング)
 - ヘッダーにロゴを表示
 - Retina(高解像度・ハイコントラスト)用ロゴ

Fonts(フォント)
 - 詳細フォント(細部に使用)
 - メインフォント(本文に使用)
 - 見出しフォント(見出しに使用)
 - 明るい文字色(細部に使用)
 - 中間の文字色(本文に使用)
 - ダークな文字色(見出しに使用)

Header(ヘッダー)
 ヘッダーデザイン
  - ヘッダー上部メニュー
  - ヘッダー下部メニュー
  - メニューをヘッダー中央に表示
  - メニューとロゴのインライン化

Navigation(ナビゲーション)
 - メニュー検索(メニューに検索を表示)
 - 固定メニュー(メニューを画面上部に貼りつける)

Icons(アイコン)
 - モバイルメニューアイコン
 - フルスクリーン検索アイコン
 - メニュー検索アイコン
 - メニューを閉じる検索アイコン

Layout(レイアウト)
 メインサイドバーの位置(左・右)

Blog(ブログ)
 - ブログホームページの Jetpack アイキャッチコンテンツスライダー。
 - Jetpack のアイキャッチコンテンツスライダー画像オーバーレイ。また、ポストループウィジェットのスライダーにも適用されます。
 - アーカイブ投稿のアイキャッチ画像
 - 個別投稿のアイキャッチ画像
 - 投稿コンテンツ
  ブログやアーカイブページでの投稿内容の表示方法を選択
 - 抜粋の長さ
  手動で記事の抜粋が追加されていない場合は、記事の抜粋が生成されます。抜粋の文字数を選択
 - 記事の抜粋 続きを読む リンク
 - 個別投稿とアーカイブ投稿の日付
 - 個別投稿とアーカイブ投稿のカテゴリ

Footer(フッター)
 フッターテキスト
 - プライバシーポリシーリンク
 - フッターの幅を制限
Page Template Setting
(ページテンプレート)
Blog page(ブログページ)
 固定ページレーアウト
 - ページタイトル
 - ヘッダー下マージン
 - ヘッダー上マージン
 - ヘッダー
 - フッターウィジェット

Searc Results(検索結果)
 固定ページレイアウト
 - ページタイトル
 - ヘッダー下マージン
 - フッター上マージン
 - ヘッダー
 - フッターウィジェット

Not Found(見つかりません)
 固定ページレイアウト
 - ページタイトル
 - ヘッダー下マージン
 - フッター上マージン
 - ヘッダー
 - フッターウィジェット
サイト基本情報サイトのタイトルとキャッチフレーズを設定
色を選択
背景画像メディアライブラリから背景画像を選択
メニューPrimary Menuで対応
ウィジェットSidebar
Footer
Mashead
SiteOrigin Unwind のカスタマイザー

SiteOrigin Unwind のカスタマイズ手順

カスタマイズするには下記の手順で行います。

  1. WEBサイトの構成を考える (※注1)
  2. 不要な機能を削除する
  3. 必要な拡張機能(プラグイン)を追加する
  4. グローバルナビゲーションやサイドメニューを作る
  5. TOPページを作る
  6. 会社案内ページを作る
  7. 事業内容ページを作る
  8. お知らせや、ブログ(製品やサービスをカテゴリーに構成する)を設置する

※ 注1)固定ページ・投稿ページのコンテンツを書き出す。そしてカテゴリーやタグを振り分ける。などの設計書・制作ガイドラインを作成しておくと作業をスムースに進めることができ、修正が発生しても最小限の工程で完結できるようになります。

SiteOrigin Unwind のウィジェット

「SiteOrigin Unwind」のウィジェットは以下のように3つで構成されています。

  • Sidebar
  • Footer
  • Masthead(ページ先頭部のヘッダーナビゲーション下コンテンツを配置できる)

SiteOrigin Unwind で使いたいプラグイン

WordPressの公式テーマは審査後公認され無料で利用できるようになります。公式テーマは基本部のみの配信のため拡張機能を利用したい場合はプラグインを導入することになります。

Table of Contents Plusページ内のコンテンツを見出しで目次を作成
All in One SEO PackSEOを一括して設定
WP Multibyte Patchマルチバイト文字の修正(コンタクトフォームを利用するなら必須)
Duplicatorサイトを丸ごとコピーしてバックアップ
WP Maintenance Modeメンテナンス中であることを表示
Pz-LinkCard外部リンクをカード形式で表示
WP-Optimizeデータベースをクリーンアップ
インストールしたいプラグイン

SiteOrigin Unwind に着せ替え

WordPressのテーマは比較的簡単に着せ替えることが可能で、新しいテーマをインストール&アップロード後有効化すればとりあえずWEBサイトにはなっています。注意したいのは、検索エンジンからの流入を重視している場合、着せ替え後一定期間で流入がダウンすることがあります。着せ替え後のコンテンツの修正が多岐にわたっている場合などはこの現象が顕著に表れることもあります。変更後はアクセス状況に注目し、どんなページ変化が生じているかを分析した方がいいかもしれません。

SiteOrigin Unwind・アンワインド は、カスタマイズが充実しているのでオリジナル性にこだわりたいアフィリエイターにおすすめのテーマです。ディフォルトにはない Theme Settings や Page Template Setting がカスタマイズとして装備されています。