WordPressテーマ

「Customify」WordPressテーマ公式ショップ・ポートフォリオ・レストラン・医療

投稿日:

WordPressテーマ「Customify」のテーマカスタマイザーは多岐にわたってカスタマイズすることができるようになっているので、ショップ、ビジネスエージェンシーなどのあらゆるタイプのWebサイトを構築できます。企業、ポートフォリオ、教育、大学ポータル、コンサルティング、教会、レストラン、医療などにも向いています。また、Customifyは、WooCommerce、OrbitFox、Yoast、BuddyPress、bbPressなどの主要なプラグインと互換性があります。

Customify(WordPressテーマ)

「Customify」は、SEO、速度、および使いやすさを念頭に置いて構築され、高速、軽量、応答性、および非常に柔軟なWordPressテーマです。 WYSIWYGヘッダー&フッタービルダー(WordPressカスタマイザー内)で想像力を解き放ちます。 テーマは、Elementor、Beaver Builder、SiteOrigin、Thrive Architect、Divi、Visual Composerなどのお気に入りのページビルダーのいずれかで機能します。

「Customify」WordPressテーマ公式ショップ・ポートフォリオ・レストラン・医療

Customify テーマ・ディレクトリ

  • ショップ、ビジネスエージェンシーなどのあらゆるタイプのWebサイトが構築可能
  • 名称は「Customify」
  • WordPressテーマ・ディレクトリ
  • インストール数は40000+(2020年4月4日)
  • PHPは5.6以上
  • Customifyをインストールするにはダッシュボードから外観 → テーマ → 新規追加 → Customifyで検索しインストールを開始します。

WordPressテーマ「Customify」のカスタマイザー

Customifyのカスタマイズは多岐にわたって設定できるようになっています。下記のようにかなり細部に渡ってカスタマイズできるのは他の公式テーマに見られない特徴です。

ヘッダー
  • ロゴとサイトアイデンティティ
  • ヘッダー上
  • ヘッダーメイン
  • ヘッダー下
  • メニューサイドバー
  • メニューアイコン
  • 検索アイコン
  • 検索ボックス
  • メインメニュー
  • ボタン
  • ソーシャルアイコン
  • HTML1
  • テンプレート
配置
  • 全般
  • サイドバー
  • ページヘッダー
ブログ
  • ブログ投稿
  • 1つのブログ投稿
  • 検索結果
設定
  • Global Colors
  • 背景
タイポグラフィ
  • 基本設定
  • サイトタイトルとキャッチフレーズ
  • コンテンツ
フッター
  • テンプレート
  • フッターサイドバー1
  • フッターサイドバー2
  • フッターサイドバー3
  • フッターサイドバー4
  • フッターサイドバー5
  • フッターサイドバー6
  • フッターメイン
  • フッター下
  • 著作権表示
  • ソーシャルアイコン

ネットショップとは

ネットショップとはインターネット上でモノやサービスを売るウェブサイトのことです。ネットショップをスタートする場合はメリットとデメリットを見据えておくことをお勧めします。

【メリット】

  1. 販売エリアが広がる
  2. 開店するためのコストが低い
  3. 24時間営業できる

【デメリット】

  1. 集客が難しい
  2. 価格競争になることがある
  3. 顧客の固定化が難しい

ネットショップ用ショッピングカートWELCART

WordPress専用のショッピングカートで、Welcartプラグインを追加するだけで無料で簡単にネットショップを始められます。ログインや管理画面がWordPressと共通なので、運営者の負担も少なく管理が可能です。

「Customify」で使いたいプラグイン

テーマの着せ替え

比較的簡単に着せ替えることが可能で、新しいテーマをインストール&アップロード後有効化すればとりあえずWEBサイトにはなっています。注意したいのは、検索エンジンからの流入を重視している場合、着せ替え後一定期間で流入がダウンすることがあります。着せ替え後のコンテンツの修正が多岐にわたっている場合などはこの現象が顕著に表れることもあります。変更後はアクセス状況に注目し、どんなページ変化が生じているかを分析した方がいいかもしれません。

有料テーマのメリット

  • デザイン性が高くなる
  • 業種・目的に合ったテーマを選びやすい
  • カスタマイズをしなくても使える
  • プラグイン・ウィジェットが充実している
  • 記事の装飾機能が充実している
  • 記事の作成に集中できる
  • 無料テーマよりもSEOが強い

WordPressのデメリット

WordPressは世界的にも高いシェアを持っていますが、やはりデメリットもあります。

  • 静的サイトに比べ表示速度が遅い
  • セキュリティに弱い:シェアが大きいからこそハッカーの標的になりやすい
  • エラーが起きやすい:プラグインなどの互換性に注意が必要
  • サポートがない:無料で使えるためサポートデスクがない

-WordPressテーマ
-,

Copyright© プラグイン & テーマ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.