WordPressプラグイン

AMPはAMP Projectに対応できる

投稿日:2017年12月28日 更新日:

WordPressはプラグインでAMPプロジェクトに対応することが可能です。プラグインを新規追加して有効化すればAMP互換バージョンのページが生成されます。URLは「xxxx.com/contents/amp/」と末尾にamp/をつけたものになり、プラグイン有効化後数日たてばインデックスが作成されます。エラーが生じている場合は、Search Consoleに表示されるので確認後修正することができます。Accelerated Mobile Pages (アクセラレーテッド・モバイル・ページ、AMP) プロジェクトへのサポートを追加します。AMP は、どこからでも素早く読み込めるモバイルに最適化したコンテンツの提供を目指すオープンソースイニシアチブです。

AMPはAMP Projectに対応できる

AMP:プラグインの概要

  • 【プラグイン名称】AMP
  • 【公式サイト】https://ja.wordpress.org/plugins/amp/ [ WordPress.org Plugin Directory ]
  • 【ライセンス】無償
  • 【機能】AMP (アクセラレーテッド・モバイル・ページ)に対応させることができる。
  • 【インストール】ダッシュボード → プラグイン → 新規追加 → 検索 → AMP → インストール

「AMP」プラグインのエラー表示

テーマによってはカスタマイズが必要な場合があります。

AMPはAMP Projectに対応できる

*重要なエラーの場合には修正を行います。

AMP Projectとは

「AMP」はコンテンツ生成のみを行い、モバイル端末からの訪問者に対して自動的に表示を切り替えるものではありません。Google 検索などの AMP コンシューマーによって処理されます。詳しくは AMP Project FAQ をご覧ください。

AMPプロジェクトについてはAMPプロジェクト公式サイトで詳細を確認してください。

AMP:プラグインのインストール

AMPをインストールするにはダッシュボードからプラグイン → 新規追加 → AMPで検索 → インストールボタンをクリック → AMPの有効化ボタンをクリックし必要な設定を行います。

AMPはAMP Projectに対応できる

ご利用の環境によってはAMPをインストールできないことやエラーになることもあります。エラーの対処方法はこちらをお読みください

※関連の記事

AMPはAMP Projectに対応できる

Head, Footer and Post InjectionsはGoogle AdSense 審査コードを貼りつけれる

Head, Footer and Post InjectionsはGoogle AdSense 審査コードを貼りつけれるプラグインです。Google AdSenseの審査コードなどHEADタグ内に貼りつけたいコードがあるとき、テーマに直接記述してしまうとア…

AMPはAMP Projectに対応できる

Speech bubbleは吹き出し会話風ページを簡単に作れる

Speech bubbleは吹き出し会話風ページを簡単に作れるプラグインです。会話内容を記述したショートコードを埋め込むことで簡単に会話風ページを作ることができます。 Speech bubbleの概要 【名称】Speech bubble 【機能】吹き出し会…

AMPはAMP Projectに対応できる

Attachment Taxonomiesはメディアをカテゴリー分けできる

Attachment Taxonomiesはメディアをカテゴリー分けできるプラグインです。WordPressは画像などのメディアを一覧で管理することができるのですが、多くなってくると探すのに一苦労します。Attachment Taxonomiesを使えばカ…

AMPはAMP Projectに対応できる

Content Aware Sidebarsはカテゴリーごとにサイドメニューを切り替える

Content Aware Sidebarsはカテゴリーごとにサイドメニューを切り替えてくれるプラグインです。Content Aware Sidebarsをインストールするメリットは、ページボリュームが多いサイトでカテーゴリーも多種に至っている場合関連する…

AMPはAMP Projectに対応できる

Cool Tag Cloudはカテゴリーやタグを見やすく表示する

Cool Tag Cloudはカテゴリーやタグを見やすく表示してくれるプラグインです。WordPressデフォルトのカテゴリーやタグのウィジェット表示はテキスト表示だけのことも多く、CSSをカスタマイズをするには敷居が高いこともあります。プラグインCool…

AMPはAMP Projectに対応できる

Intuitive Custom Post Orderは記事を並び替えることができる

Intuitive Custom Post Orderは記事の順番をドラッグ&ドロップの簡単な操作で並び替えることができるようにしてくれるプラグインです。固定ページはページ属性の並び順によって並び替えることができるのですが、投稿にはこの機能が残念ながらあり…

-WordPressプラグイン

執筆者:

関連記事

Pixabay Imagesは編集画面から無料の画像を追加できる

「Pixabay Images」はWordPressの編集画面から無料の画像を追加できるプラグインです。通常はメディア追加ボタンをクリックして画像を追加するのですが、「Pixabay Images」は …

Classic EditorはGutenbergと旧エディタを切り替えることができる

WordPressプラグインClassic EditorはWordPress 5.0から採用された新しいエディタ Gutenberg を旧エディタに戻してくれるプラグインです。戻してくれるだけでなく、 …

Jetpack by WordPress.comはSEOツールパック

「Jetpack by WordPress.com」はトラフィックやSEOツールがパックになっているプラグインです。元々はWordPress.comで提供していたものをインストール型のWordPres …

External Linksは発リンクに「nofollow」を自動で付ける

「External Links」は、発リンク(外部リンクに)自動でアイコンと rel=”nofollow” をつけてくれるプラグインです。発リンクは30%を超えるとGoogle …

VK All in one Expansion UnitはLightning以外でも使える

VK All in one Expansion Unitは株式会社ベクトルが提供するプラグインです。VK All in one Expansion UnitはWordPressのテーマLightnin …