Crayon Syntax Highlighterは記事にHTMLソース等を表示してくれる

Crayon Syntax Highlighterは、記事にHTMLソースなどを綺麗に表示することができます。企業のサイトでは、Crayon Syntax Highlighterはあまり利用されることは少ないかもしれませんが、WordPressのカスタム情報やWEサイトの情報を発信している場合は便利かもしれません。

Crayon Syntax Highlighter

Crayon Syntax Highlighterは、HTMLソースなどをWordPressの記事に綺麗に表示してくれます。

  • 【名称】Crayon Syntax Highlighter
  • 【機能】HTMLソース等を綺麗に表示する
  • 【URL】https://ja.wordpress.org/plugins/crayon-syntax-highlighter-to-pastacode/
  • 【ライセンス】無償
  • 【必須WordPressバージョン】 → 3.1以上
  • 【検証済みバージョン】 → 4.6.13
  • 【言語】 → 英語
  • 【最終更新】 → ※常に変化しますので公式ページでご確認ください(2年程更新されていないようです)

使い方

Crayon Syntax Highlighterの使い方は、テキストモード画面に編集ボタンが追加されるのでソース表示したい場所でクリックすることで可能になります。

設定

Crayon Syntax Highlighterはソースを表示する細かな設定をすることができるようになっています。

インストール

Crayon Syntax Highlighterのインストールするにはダッシュボードからプラグイン → 新規追加 → Crayon Syntax Highlighterで検索 → インストールボタンをクリック → 有効化ボタンをクリックし必要な設定を行います。

ご利用の環境によってはCrayon Syntax Highlighterをインストールできないことやエラーになることもあります。エラーの対処方法はこちらをお読みください